音楽ナタリー - 新曲リリース・ライブ情報などの音楽ニュースを毎日配信

AKB48田名部生来、円谷イベントでブースカ愛語る

131

AKB48の田名部生来が昨日4月12日、東京・アイアシアタートーキョーで行われた「ウルトラマンフィルムフェスティバル前夜祭 ウルトラマンだけじゃない上映会」にゲスト出演した。

これは円谷プロダクション50周年を記念して開催されたイベントで、円谷作品を代表する特撮テレビ番組「ウルトラマン」以外の貴重な作品を多数上映。さらにステージ上にはウルトラマンや快獣ブースカ、ファイヤーマンやレッドマンといったヒーローたちが登場し会場を沸かせた。

イベントが始まると田名部は大好きな快獣ブースカに花束を渡すプレゼンター役として登場。ヒーローたちと記念撮影した後は、映画監督の樋口真嗣、アニメ特撮研究家の氷川竜介とともに円谷作品の魅力を語るトークショーに参加した。

田名部は特撮テレビ番組「マイティジャック」の隊員コスチュームに身を包みトークを展開。この衣装はイベントのために制作されたもので田名部は「本当は昔っぽく七三分けにしてこようと思ったんですけどアイドルとしてそれはどうかと思ったので髪型は普通です」と恐縮した表情を見せた。さらに田名部は快獣ブースカに対する熱い思いを熱弁。子供の頃に両親に買ってもらったブースカのおもちゃで遊びながら田名部はブースカのものまねを会得したと告白した。

そして特撮テレビ番組「恐竜大戦争アイゼンボーグ」の話になると、実写とアニメを融合した独特の作品性に田名部は「初めて観させていただいて本当に衝撃的でした。アニメも特撮も好きなんですけどこれはトラウマになるかもしれません!」とコメント。それに対して樋口監督は「こういう作品をたくさん観て我々は脳を鍛えられている。こういったチャレンジ精神を持ち続けることが大事」と田名部に特撮作品好きの先輩として助言した。

最後にイベントの感想を聞かれると、田名部は「私自身まだまだ知らない特撮作品の世界が広がっていて熱いイベントでした。本当に勉強になりました」と感謝の言葉で締めくくった。

なお田名部は5月24日に自身初となる書籍「別冊たなぶ島 田名部生来のオタクカルチャー大全」を発売。コスプレで振り返るアニメ・マンガの39年史や水木一郎との対談といった内容のほか、オリジナル特撮ムービー「残念戦隊タナミンシー」のDVDが付属する。

※記事初出時、事実とは異なる記載がありました。訂正してお詫びいたします。<

音楽ナタリーをフォロー