音楽ナタリー - 最新音楽ニュース

恵比寿★マスカッツ、1stライブで「TOKYOセクシーナイト」3回転

93

「Tokyo Sexy Dynamite 2015~初恋~」の様子。(c)EBISU MUSCATS PROJECT

「Tokyo Sexy Dynamite 2015~初恋~」の様子。(c)EBISU MUSCATS PROJECT

昨日12月21日に東京・LIQUIDROOMにて恵比寿★マスカッツの1stライブ「Tokyo Sexy Dynamite 2015~初恋~」が実施された。

定刻を迎え、ステージ上に登場したのはお笑い芸人のとにかく明るい安村。彼は「安心してください。セクシーですよ」と話してオーディエンスの期待感を煽り、メンバーを呼び込んだ。ステージ上に、体調不良のためこの日の公演を欠席した松岡凛を除く32名が集結したところで、彼女たちは「Pressure Bomber」を披露。ささやくようなボーカルや、セクシーな振り付けでオーディエンスを魅了した。2曲目「TOKYOセクシーナイト」の際には、客席から盛大な合いの手が入り、彼女たちのパフォーマンスを盛り立てる。さらに明日花キララの「初代マスカッツさんに敬意を表して、大切に歌わさせていただきます」というMCから、初代恵比寿マスカッツの「バナナ・マンゴー・ハイスクール」が投下されると、ファンは大喜び。ライブは序盤から熱狂的な盛り上がりを見せていた。

ソロダンスコーナーでは川上奈々美、神咲詩織、古川いおり、小野美公ら10人が、それぞれ個性的な振り付けで観客にアピール。このほか明日花、葵つかさ、桃乃木かなといった面々が水着で登場し、とにかく明るい安村とともに“全裸に見えるポーズ”を披露してファンを悩殺するなど、彼女たちは趣向を凝らした演出でライブを盛り上げていった。さらにゲストとして、グループの冠番組「マスカットナイト」に出演していたBro.KORNが現れると、メンバーは「EXILEの曲が聴きたい!」と彼にリクエスト。ライブのMCとして参加していたBro.KORNは「WON'T BE LONG」を熱唱し、客席を大いに沸かした。

ライブが終盤に差し掛かると、明日花の「私たちにはこの2曲しかないんです」という切実なひと言から本日2度目の「Pressure Bomber」と「TOKYOセクシーナイト」をパフォーマンス。1度目よりも大きな合いの手がフロアから上がり、ライブ本編をやり切った彼女たちは「それではまたお会いしましょう。さようなら!」とファンに声をかけ、ステージをあとにした。

アンコールではとにかく明るい安村と阿佐ヶ谷姉妹が、グループのリーダーとリーダーを補佐する役職である“副キャップ”を任命した。リーダーにはこの日のライブでメインのMCを務めていた明日花が就任。彼女は突然の知らせに驚き、目に涙を浮かべながら「人前でしゃべるのが苦手なんですけど、リーダーを任された以上、これからも一生懸命がんばっていきます」と話し、観客の拍手と歓声を浴びた。副キャップに選ばれた川上は「副キャップって何ですか?」と戸惑いながらも、「皆さんを素敵なステージに連れて行けるようにがんばりたい」とコメントした。最後に彼女たちはこの日3度目となる「TOKYOセクシーナイト」を歌唱。最後まで全力のパフォーマンスを届け、恵比寿★マスカッツの1stライブはフィナーレを迎えた。

音楽ナタリーをフォロー