中国で放送禁止の社会風刺ドラマが日本初配信、エマ・トンプソンが過激な首相に

119

ドラマ「2034 今そこにある未来」が1月7日よりスターチャンネルEXで日本初配信されることが明らかに。あわせて、予告編がYouTubeで公開された。

「2034 今そこにある未来」キーアート

「2034 今そこにある未来」キーアート

大きなサイズで見る(全14件)

「2034 今そこにある未来」

「2034 今そこにある未来」[拡大]

「2034 今そこにある未来」

「2034 今そこにある未来」[拡大]

英国マンチェスターを舞台とする本作は、2019年から2034年までの15年間の社会情勢を、とある一般家庭の視点からブラックユーモアたっぷりに風刺した家族ドラマ。過激な展開や実際に起こりうる未来予測を交えつつ、社会情勢や政治がごく普通の市民にどんな影響を与えるかが描かれる。米ワシントンポスト紙が「2019年最高傑作の1つ」と絶賛した一方で、中国では放送禁止となった。

過激発言で人気を博すコメンテーターで、のちにイギリス首相となる政治家ヴィヴィアン・ルックにエマ・トンプソンが扮した。そのほか、物語の軸となるライオンズ一家の面々をロリー・キニア、ジェシカ・ハインズ、ラッセル・トーヴィー、リディア・ウエスト、ルース・マデリー、タニア・ミラー、アン・リードが演じている。

「2034 今そこにある未来」

「2034 今そこにある未来」[拡大]

予告編には、ルックが過激なスピーチを繰り広げる姿や、不安定な社会情勢の影響を受けながらも生き延びようとするライオンズ一家の様子が映し出されている。

脚本と制作総指揮を担当したのは、「ドクター・フー」「IT’S A SIN 哀しみの天使たち」を手がけたラッセル・T・デイヴィス。彼は本作について「マンチェスターのライオンズ家がこの15年間をどのように生き抜くかを描いた、家族の愛の物語」「この作品を見て、家族を愛するということを忘れないでほしい」とコメントした。

BBC&HBOドラマ「2034 今そこにある未来」

スターチャンネルEX 2022年1月7日(金)スタート(字幕)
※2022年1月7日(金)~2月5日(土)第1話無料配信
※吹替版は3月に全話配信開始
STAR1 2022年1月26日(水)スタート 毎週水曜 23:00~ほか(字幕)
※2022年1月23日(日)18:00~ 第1話先行無料放送
STAR3 2022年1月25日(火)スタート 毎週火曜22:00~ほか(吹替)
※第1話初回無料放送
※全6話

この記事の画像・動画(全14件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

エマ・トンプソンのほかの記事

リンク

(c)Years and Years Limited 2019

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 エマ・トンプソン / ロリー・キニア / アン・リード の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。