僕が高校生の頃だったら…!島崎信長「サマーゴースト」魅力を長尺解説

1

1124

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 177 944
  • 3 シェア

短編アニメ映画「サマーゴースト」の公開記念舞台挨拶が本日11月14日に東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、キャストの小林千晃島袋美由利島崎信長川栄李奈、監督のloundraw(ラウンドロー)が登壇した。

「サマーゴースト」公開記念舞台挨拶の様子。

「サマーゴースト」公開記念舞台挨拶の様子。

大きなサイズで見る(全8件)

小林千晃

小林千晃[拡大]

本作では、誰にも言えない悩みを抱えた3人の高校生・友也、あおい、涼と幽霊の“ひと夏の出逢い”が描かれる。これが初監督作となったloundrawは「この映画が、一歩前に進むきっかけになったらいいなと思います」と願いを込める。友也役の小林は「最初から最後まで素敵。40分とは思えない濃密なカット数で、劇場映えする作品です」とアピールする。

川栄李奈

川栄李奈[拡大]

島袋美由利

島袋美由利[拡大]

“サマーゴースト”と呼ばれる幽霊・佐藤絢音に声を当てた川栄は「あおいちゃんの最後のシーンが本当に好きなんです。観ていてがんばれーと思いました」としみじみと話す。それを受けて、あおい役の島袋は「もうこのまま帰れそうです!」と喜びをにじませ、自身は涼のあるセリフが思い出深いと明かして「寄り添ってくれるし、心にすっと入ってくる優しさがある」と続けた。

島崎信長

島崎信長[拡大]

涼を演じた島崎は「力を抜くために座った状態でアフレコをしたんですよね?」と共演者たちを見やり、「僕は立っていたほうがリラックスできる体になってしまったので、お願いして立ったままやらせてもらったんです」と笑う。登壇者の中では比較的アフレコ経験が少ない川栄は、座るよう促されたときの心境を「だまされているんじゃないか?と思いました」と振り返った。なお、イベントでは島崎が「最初のほうであおいちゃんがテンション高いところが好きなんですよ! 僕が高校生の頃だったら、好きなのかなって勘違いしちゃうような距離感だし……」との言葉を皮切りに本作の魅力を長尺で捲し立て、「いろんな話をしたいんだけどもうやめておこう!」と自制して笑いを誘う場面も見られた。

「サマーゴースト」は全国の劇場で上映中。

※島崎信長の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

この記事の画像・動画(全8件)

(c)サマーゴースト

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

僕が高校生の頃だったら…!島崎信長「サマーゴースト」魅力を長尺解説
https://t.co/bm3Isu40l3

#サマーゴースト #小林千晃 #島袋美由利 #島﨑信長 #川栄李奈 #loundraw https://t.co/Y9t2uCLsZr

コメントを読む(1件)

関連記事

小林千晃のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 サマーゴースト / 小林千晃 / 島袋美由利 / 島崎信長 / 川栄李奈 / loundraw の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。