前田敦子、コロナ禍の映画製作プロジェクト「DIVOC-12」参加経て「登竜門になれば」

1

203

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 34 149
  • 20 シェア

DIVOC-12(ディボック-トゥエルブ)」の公開記念舞台挨拶が本日10月12日に東京・TOHOシネマズ シャンテで行われ、監督の三島有紀子山嵜晋平齋藤栄美加藤拓人、キャストの前田敦子が登壇した。

「DIVOC-12」公開記念舞台挨拶にて、左から齋藤栄美、山嵜晋平、三島有紀子、前田敦子、加藤拓人。

「DIVOC-12」公開記念舞台挨拶にて、左から齋藤栄美、山嵜晋平、三島有紀子、前田敦子、加藤拓人。

大きなサイズで見る(全13件)

「DIVOC-12」はソニーグループが設立した「新型コロナウイルス・ソニーグローバル支援基金」による映画製作クリエイター支援プロジェクト。藤井道人、上田慎一郎、そして三島がそれぞれのチームを牽引し、計12人の監督が短編12本を制作した。

三島有紀子

三島有紀子[拡大]

三島チームのテーマは“共有”。三島は富司純子と藤原季節をキャストに迎えた「よろこびのうた Ode to Joy(オードトゥジョイ)」について、「コロナ後の世界を描いた作品です。今、いろいろ不安なものがやって来るかもしれないですけど、その中で泣いたり笑ったり、後悔したり、人を愛したり、そういう姿こそが美しいのではないかと、生々しく美しく描きたいと思って作った作品です」と紹介する。

前田敦子

前田敦子[拡大]

山嵜、齋藤、加藤は一般公募で選ばれて参加した。加藤の「睡眠倶楽部のすすめ」で主人公・透子を演じた前田は「夢のあるプロジェクトだと思って、ぜひ!と参加を決めました」と述懐。「加藤監督の台本はセリフが本当に少しで、ポソポソしゃべるぐらいだったんですけど、その世界観に素敵な雰囲気が漂っていて撮影が楽しみでした。コロナ禍の最中でしたが、このようなチャレンジをしてワクワクしました。映画ってこういうことができるから、夢が広がっていくなあって」と参加できた喜びをあらわにした。

加藤拓人

加藤拓人[拡大]

また前田は、現場での加藤の“監督ぶり”について「細かいところまで目が行き届いていて、敏腕助監督さんだったんだろうなと感じられました。さすがだなと。たくさん現場を経験されてきた加藤さんの才能ですよね」と称賛。加藤は「商業デビュー作で前田さんのような素晴らしい女優とご一緒できるのはそうそうない。おこがましいですけど、お芝居も含めて、透子にぴったりだと思ってお声がけしたので本当にうれしかったです」と心から感謝を伝えた。

左から齋藤栄美、山嵜晋平。

左から齋藤栄美、山嵜晋平。[拡大]

山嵜は蒔田彩珠と中村守里が出演した「YEN(ワイイーエヌ)」、齋藤は中村ゆりと高田万作が出演した「海にそらごと」を監督。山嵜は「1本1本のいいところを見つけるという観方もありますが、12本で1本の映画だとも思っています」、齋藤は「12個の物語の奥にいろいろな人の思いが詰まっていて、皆さんが共感できる物語がきっとあるんじゃないかと思います」と本プロジェクトについてそれぞれアピールする。最後に前田は「(『DIVOC-12』が)第2弾、第3弾と続いて、新しい才能が皆さんの目に触れる機会として登竜門になっていったらうれしいです!」と期待を込めた。

「DIVOC-12」は全国で上映中。

※高田万作の高は、はしご高が正式表記

この記事の画像・動画(全13件)

(c) 2021 Sony Pictures Entertainment (Japan) Inc. All rights reserved.

読者の反応

  • 1

映画ナタリー @eiga_natalie

前田敦子、コロナ禍の映画製作プロジェクト「DIVOC-12」参加経て「登竜門になれば」
https://t.co/fhmIr8Agbi

#前田敦子 #DIVOC12 https://t.co/0lgAxzPPeK

コメントを読む(1件)

関連記事

前田敦子のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 DIVOC-12 / 前田敦子 / 三島有紀子 / 山嵜晋平 / 齋藤栄美 / 加藤拓人 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。