園子温に師事した松尾大輔が長編監督デビュー、山田孝之も推薦

松尾大輔の長編映画監督デビュー作「偽りのないhappy end」が12月17日より東京・アップリンク吉祥寺ほか全国で順次公開。園子温山田孝之から推薦コメントが到着した。

「偽りのないhappy end」ポスタービジュアル

「偽りのないhappy end」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る

2011年製作の「ヒミズ」から10年間、助監督として園に師事してきた松尾。本作では、滋賀から上京してきた妹が行方不明になってしまったエイミと、同じく妹が行方不明であるヒヨリの犯人探しをベースに、姉2人の心の揺れを描出した。

主演は連続テレビ小説「なつぞら」でドラマデビューした鳴海唯と、マドンナのバックダンサーとしてワールドツアーに約1年半同行したことで知られる仲万美。エイミの妹ユウ役で「由宇子の天秤」の河合優実、エイミが滋賀の湖で出会う少女アカリ役でドラマ「青のSP─学校内警察・嶋田隆平─」の田畑志真、エイミの婚約者タカシ役で「横須賀綺譚」の小林竜樹、風俗店の古株のボーイ・シンジ役で「SR サイタマノラッパー」シリーズの奥野瑛太、刑事の向井役で「AWAKE」の川島潤哉が共演したほか、三島あよな見上愛馬渕英里何カトウシンスケらもキャストに名を連ねる。

自ら脚本も手がけた松尾は「誰しも生きる上で何かしら、人や過去との繋がりを断ったり、薄れさせて今があると思います。けれども、その断たれたモノは消えずに残っている。現代では絆よりも断たれてしまったモノの方が圧倒的に多いと感じます」とコメント。園は「ガラス細工の少女たちがガラスの世界を壊しながら突き進む。何て悲しくて、そして何て切ないハッピーエンドなんだ」と感想をつづった。松尾が助監督を務めた「聖☆おにいさん」をプロデュースした山田は「自分の気持ちが変化するたび見たいと思える作品です」と伝えている。

松尾大輔 コメント

誰しも生きる上で何かしら、人や過去との繋がりを断ったり、薄れさせて今があると思います。けれども、その断たれたモノは消えずに残っている。現代では絆よりも断たれてしまったモノの方が圧倒的に多いと感じます。それを今、この作品で描きたいと思いました。
ただ、それをはっきりと問題として取り上げる事なく、人々が交わり、絡まり、解け、切れ、結ばれる事で感じて貰いたい。
なので、それを表現する役者、特に主演の2人を始め、何かを抱えている役どころには、芝居の技術で表現して欲しくなかったので、経験の少ない人でも、役と自分を重ねられるであろう人たちを選んだのですが、みんなそれを見せてくれました。それがこの作品の一番の見どころだと思います。観て下さった方々が、少しでも自分の中にある登場人物と似たモノを思い出すきっかけになれば幸いです。
この作品には、映画館という環境でしか伝わらない表現が確実にたくさんあります。是非、映画館で観て頂きたいです。

園子温(映画監督)コメント

執念で作りあげたデビュー作。よくやった! 松尾君。女の子たちの傷つきやすいガラスの心をよくぞ描き切った。まるで女子が作った映画かと思うほどに、傷ついた女の子のガラスの心を描いた。まさにデビュー作らしいデビュー作だ。ガラス細工の少女たちがガラスの世界を壊しながら突き進む。何て悲しくて、そして何て切ないハッピーエンドなんだ。

山田孝之(俳優)コメント

残酷なんだけど人の優しさを感じた。凄く寂しくて、とても温かい。なぜならそれらは表裏一体で、愛情は裏切りを伴う。自分の気持ちが変化するたび見たいと思える作品です。

(c)2020 daisuke matsuo

関連記事

松尾大輔のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 偽りのないhappy end / 松尾大輔 / 鳴海唯 / 仲万美 / 河合優実 / 田畑志真 / 小林竜樹 / 奥野瑛太 / 川島潤哉 / 三島あよな の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。