岡田結実が粋な花魁に、主演ドラマ「江戸モアゼル」で令和へタイムスリップ

40

岡田結実が主演を務める連続ドラマ「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」が、読売テレビ・日本テレビ系で1月7日に放送開始する。

岡田結実演じる仙夏。

岡田結実演じる仙夏。

大きなサイズで見る(全2件)

岡田結実演じる仙夏。

岡田結実演じる仙夏。[拡大]

本作は江戸キリエのマンガ「江戸モアゼル」をもとに、花魁の仙夏(せんか)が江戸時代から現代にタイムスリップするさまを描くラブコメディ。悩みやトラブルを抱える現代の登場人物たちに対し、仙夏が「粋じゃないねぇ」の決めゼリフとともに、そっと背中を押し気持ちを晴れやかにさせていく。このたび岡田演じる仙夏の妖艶なビジュアルも解禁となった。

岡田は「この作品を見てくださる方々が少しでも悩んでいたり考えている事があったりした時に少しでも背中をさすってあげられるそんな仙夏、作品になったらいいなぁと思いつつ、コメディ&ラブもあるので気楽に楽しんでいただきたいです!」と視聴者に呼びかけ、原作者の江戸は「華やかで賑やかな作品になりそうで、一視聴者として、ひたすら楽しみにしております!」と期待を込めた。

脚本はドラマ「レンタルなんもしない人」「死役所」の政池洋佑、ドラマ「ギルティ ~この恋は罪ですか?~」の大林利江子が手がけ、演出を汐口武史、菊川誠、朝比奈陽子が担当する。

プラチナイト 木曜ドラマF「江戸モアゼル~令和で恋、いたしんす。~」

読売テレビ、日本テレビ系 2021年1月7日(木)スタート 毎週木曜 23:59~

岡田結実 コメント

作品の印象

江戸時代の吉原にいた花魁・仙夏が現代にタイムスリップして、そこでたくさんの物や人と出会います。その中で蔵地を始め沢山の方々と現代の人の仕事に対しての悩みなど筋が通ってないことに粋じゃないねえと一刀両断?してスカッとしたりほっこりしたりクスッと笑える所もあったりラブもあったり…もう色々ありすぎます(笑)。

仙夏というキャラクターの印象

仙夏は、とても芯が強く粋じゃない曲がったことがとても嫌いで、だからってそれを押し付けるわけでもなく引くところは引く、そしてどんなに辛いこと悲しいことがあってもめげずにそこで一生懸命咲き誇ろうとするかっこいい生き様に私は仙夏になる上でとても惹かれる女性です。

意気込みと視聴者へのメッセージ

この作品を見てくださる方々が少しでも悩んでいたり考えている事があったりした時に少しでも背中をさすってあげられるそんな仙夏、作品になったらいいなぁと思いつつ、コメディ&ラブもあるので気楽に楽しんでいただきたいです!

江戸キリエ コメント

ドラマ化されると聞いたときの感想

ひそかに趣味全開で描き始めた漫画だったので、まさかこうした機会を頂けるとは…!!と、恐縮しつつ、大変ありがたく嬉しいです!

岡田結実のイメージ

可憐で、元気なイメージです! 色々な番組で楽しく拝見していたので、主人公役を演じて頂けることを伺い、とても嬉しく楽しみです!

ドラマ化に期待すること

華やかで賑やかな作品になりそうで、一視聴者として、ひたすら楽しみにしております!

この記事の画像(全2件)

関連記事

岡田結実のほかの記事

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 岡田結実 / 江戸キリエ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。