上川隆也が加藤シゲアキとアニメ話でわいわい、岡田結実は「来世はバンドマンに」

1227

「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」の完成報告会が本日11月13日に東京都内で開催され、キャストの上川隆也加藤シゲアキNEWS)、岡田結実が出席した。

左から岡田結実、上川隆也、加藤シゲアキ。

左から岡田結実、上川隆也、加藤シゲアキ。

大きなサイズで見る(全4件)

「夜がどれほど暗くても」

「夜がどれほど暗くても」[拡大]

本作は、上川演じる有名週刊誌の副編集長・志賀倫成を主人公とする物語。大学生の息子がストーカー殺人を起こしその場で命を絶ったことから、彼の生活が一変するさまが描かれる。志賀の部下である井波渉に加藤、志賀の息子が引き起こした事件で両親を奪われた女子高生・星野奈々美に岡田が扮した。

上川は「人生が足元から崩れていくキャラクターは、これまでのキャリアでは見受けられない役。演じていて新鮮でした。監督やプロデューサーなどいろいろな方にご相談申し上げて、皆さんの中にある志賀を合わせて作り上げました」と役作りを振り返る。若手記者を演じるにあたって週刊誌の編集部を訪れた加藤は「ぐるっと一周させてもらいましたが、独特な空気の場所でした」と回想し、「撮影で使ったロケセットには“ほぼそのまま”というほどリアリティがあった。人間を追う人の必死な汗が染みついている感じが再現されていました」と続けた。被害者遺族の役を“生半可な気持ちで演じるのは失礼”と考えたという岡田は「被害者の方の手記を読んで私なりに歩み寄りました」と役に懸けた思いを語る。

これが初共演となった上川と加藤。上川は「加藤さんは非常に理路整然とした思考のもとに役を構築されているのが、ありありとわかる方。休憩時間の居佇まいは凪みたい。どこも荒れていない」と評し、「存在感がないんですよ(笑)」と加藤を照れさせる。ともにアニメやゲーム好きの2人は撮影の合間に趣味の話で盛り上がったそうで、加藤は「上川さんは必ず最後に1作お薦めしてくれるんです」とぽつり。岡田もそれに同意しながら「ギャップがすごすぎて、どれが本当の上川さんなんだろう?と思いました」と笑った。

イベントでは、MCからキャストへ作品にちなみ「記者だったら追いかけてみたい人は?」との質問が投げかけられた。上川は「どうしましょう……」としばし悩んだあと、物作りが好きだと告げて「何かができあがっていく現場をただただ端から見ていたい。言葉にならない技が織り込まれていく姿は、ほかでは享受できないものだと思います」と思い入れたっぷりに語る。

同じ質問に加藤は、先輩にあたる嵐の大野智の名を挙げて「個展で披露された作品の数々にすごいエネルギーを感じました。でも、いつどのように作っているかを教えてくれないのでこっそりと密着したい。身近な人ですが気になる存在ですね」とコメント。生まれ変わったらバンドマンになりたいと決めている岡田は「曲を生み出す方に密着して、0歳からの人生を見てみたい」と述べ、上川からバンド結成を勧められると「究極の音痴なんです。でも正直歌いたいです」とはにかんだ。

中山七里の小説をもとにした全4話の「連続ドラマW 夜がどれほど暗くても」は、11月22日に放送スタート。毎週日曜22時からWOWOWプライムでオンエアされる。

連続ドラマW 夜がどれほど暗くても

WOWOWプライム 2020年11月22日(日)スタート 毎週日曜 22:00~
※第1話無料放送

この記事の画像(全4件)

関連記事

上川隆也のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 上川隆也 / 加藤シゲアキ / NEWS / 岡田結実 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。