ホロコースト逃れた少女と医師が心通わす、ハンガリー発「この世界に残されて」公開

199

ハンガリー映画「この世界に残されて」が12月18日より東京・シネスイッチ銀座ほか全国で順次公開。予告編がYouTubeで公開された。

「この世界に残されて」ポスタービジュアル

「この世界に残されて」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全10件)

「この世界に残されて」

「この世界に残されて」[拡大]

ナチス・ドイツによって約56万人ものユダヤ人が殺害されたと言われるハンガリー。本作では、ホロコーストを生き延びたものの家族を失った16歳の少女クララが寡黙な医師アルドと出会い、年齢差を超えて心を通わせた2人が、人生を取り戻すさまが描かれる。

「この世界に残されて」

「この世界に残されて」[拡大]

クララを演じたのは、これが映画初主演となるアビゲール・セーケカーロイ・ハイデュクがアルドに扮し、ハンガリーアカデミー賞およびハンガリー映画批評家賞で最優秀男優賞を受賞した。これまで主に短編映画を手がけてきたバルナバーシュ・トートが監督を務め、第67回ベルリン国際映画祭で金熊賞に輝いた「心と体と」のモーニカ・メーチとエルヌー・メシュテルハーズィが製作を手がけている。

この記事の画像・動画(全10件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)Inforg-M&M Film 2019

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 この世界に残されて / アビゲール・セーケ / カーロイ・ハイデュク / バルナバーシュ・トート の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。