「この世界の楽しみ方」正式タイトル決定!バーチャルライブを収録

152

「この世界の楽しみ方~Secret Story Film~」が、「HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE”」という正式タイトルで12月25日に公開予定であることがわかった。

「HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE”」第1弾キービジュアル

「HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE”」第1弾キービジュアル

大きなサイズで見る(全49件)

「HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE”」新場面カット

「HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE”」新場面カット[拡大]

「HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE”」新場面カット

「HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE”」新場面カット[拡大]

本作はHoneyWorksがプロデュースするバーチャルアイドル・LIP×LIPの映画。アニメパート「この世界の楽しみ方~Secret Story Film~」では、歌舞伎の舞台に立つことを夢見て稽古に励んでいた勇次郎と歌うことが好きな愛蔵が出会い、LIP×LIPを結成するまでを描く。LIP×LIPのバーチャルライブパートも同時上映される。勇次郎役で内山昂輝、愛蔵役で島崎信長が出演。福山潤斉藤壮馬内田雄馬柿原徹也増田俊樹もキャストに名を連ねている。室井ふみえが監督を務め、成田良美が脚本を担当した。

YouTubeでは本予告が公開中。アイドルになる前の勇次郎と愛蔵の様子や、2人による「ロメオ」のパフォーマンスが収録された。加えてLIP×LIPが歌うエンディング主題歌「この世界の楽しみ方」を聴くことができる。なお同楽曲とオープニング主題歌の「LOVE&KISS」は12月23日にシングルとして発売予定だ。

またこのたび江口拓也雨宮天夏川椎菜の参加が明らかに。江口は愛蔵の兄・柴崎健、雨宮はモデルの成海聖奈、夏川は聖奈の妹でアイドルと音楽が好きな萌奈に声を当てる。3人のコメントは下記の通り。さらに本作アニメパートのノベライズ本「小説版 この世界の楽しみ方 ~Secret Story Film~」が12月26日に発売予定であることも発表された。

「HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE”」特典付きムビチケカード。左から勇次郎Ver.、愛蔵Ver.。

「HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE”」特典付きムビチケカード。左から勇次郎Ver.、愛蔵Ver.。[拡大]

数量限定の特典付きムビチケカード第1弾は10月23日に発売。勇次郎と愛蔵のバージョン2種が用意されたムビチケには、ランダム特典の特製クリアファイルが2種のうち1枚付いてくる。なお公式サイトでは上映劇場一覧が掲載されている。

江口拓也 コメント

江口拓也

江口拓也[拡大]

本作の印象について

青春してるなー!って感じですね! ピュアな何かを感じたいときにオススメです。

演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み

僕が演じるキャラクターは、もう完全に思春期拗らせてます笑 めちゃくちゃ尖ってるんですけど、感受性が高くピュアだからなんだろうなと勝手に思っています。そんな危うい感じを表現できればな、と!

雨宮天 コメント

雨宮天

雨宮天[拡大]

本作の印象について

LIP×LIPとは以前に収録したミュージックビデオで聖奈がお姫様を演じるストーリーで初めてキャラクターとして関わりましたが、その時には見えなかった二人の一面、関係性が沢山描かれていて面白かったです。
それを知った上でのライブパートはまた見え方が変わってくるなと思いました!

演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み

聖奈は頑張り屋で真っ直ぐな性格で男女問わず愛されるキャラクターです。
ひたすら努力して前に進もうとするところや友達や妹思いなところが凄く素敵なので、見た目や立ち位置だけでなく性格の面からも憧れられるモデルだろうなと思いながら演じています。
仕事中の聖奈はまた色んな表情を見せるので、そういうところも楽しく演じていきたいと思います!

夏川椎菜 コメント

夏川椎菜

夏川椎菜[拡大]

本作の印象について

正反対の二人が最強の二人組になるまでの道のりがすごく丁寧に描かれていて、monaを演じる私としては、すごく遠い存在に思っていたLIP×LIPを少しだけ身近に感じることができました。
あんなにキラキラなアイドルの二人にもたくさんの努力と葛藤があったんだなぁ……。

演じるキャラクターの印象と役に対する意気込み

今作の萌奈はまだアイドルを志す前の、いわゆる「普通の女の子」です。
モデルのお姉ちゃんを自慢に思っていたり、いまいち自分に自信が持てきれなかったり。
キャラクターソングなど、先にアイドルのmonaを演じていたので、アイドルのたまごにもなっていない萌奈はとても新鮮でした。

※島崎信長の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

この記事の画像・動画(全49件)

関連記事

HoneyWorksのほかの記事

リンク

(c)2020 LIP×LIP Movie Project

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 HoneyWorks 10th Anniversary “LIP×LIP FILM×LIVE” / HoneyWorks / 内山昂輝 / 島崎信長 / 福山潤 / 斉藤壮馬 / 内田雄馬 / 柿原徹也 / 増田俊樹 / 室井ふみえ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。