旅芸人に売り飛ばされた少年が力強く生きる「家なき子 希望の歌声」11月に公開

116

19世紀に発表された児童文学を原作とするフランス映画「家なき子 希望の歌声」が11月20日より全国で公開される。

「家なき子 希望の歌声」ポスタービジュアル

「家なき子 希望の歌声」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全9件)

「家なき子 希望の歌声」

「家なき子 希望の歌声」[拡大]

「家なき子 希望の歌声」

「家なき子 希望の歌声」[拡大]

本作の主人公は11歳の少年レミ。南フランスの農村で優しい母と幸せに暮らしていた彼は、パリへ出稼ぎに出ていた義父によって旅芸人の親方ヴィタリスに売り飛ばされてしまう。だが情の深いヴィタリスに歌の才能を見出され、犬のカピ、猿のジョリクールと親交を深めながら、レミは旅芸人としてあらゆる困難に立ち向かっていく。

「家なき子 希望の歌声」

「家なき子 希望の歌声」[拡大]

オーディションでレミ役を射止めたのは、撮影当時11歳のマロム・パキン。ヴィタリスを「隠された記憶」のダニエル・オートゥイユが演じ、リュディヴィーヌ・サニエヴィルジニー・ルドワイヤンジョナサン・ザッカイジャック・ペランもキャストに名を連ねた。

YouTubeでは日本語吹替版の予告が公開中。吹替版ではレミに熊谷俊輝、ヴィタリスに山路和弘が声を当てた。

アントワーヌ・ブロシエが監督を務めた「家なき子 希望の歌声」は東京・YEBISU GARDEN CINEMA、109シネマズ二子玉川ほか全国でロードショー。

この記事の画像・動画(全9件)

関連記事

マロム・パキンのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2018 JERICO - TF1 DROITS AUDIOVISUELS - TF1 FILMS PRODUCTION - NEXUS FACTORY - UMEDIA

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 家なき子 希望の歌声 / マロム・パキン / ダニエル・オートゥイユ / リュディヴィーヌ・サニエ / ヴィルジニー・ルドワイヤン / ジョナサン・ザッカイ / ジャック・ペラン / 熊谷俊輝 / 山路和弘 / アントワーヌ・ブロシエ の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。