今度は女が男を飼う、月船さらら×市川知宏「完全なる飼育 etude」11月に公開

116

「完全なる飼育」シリーズの第9作「完全なる飼育 etude」が11月27日に公開される。

「完全なる飼育 etude」

「完全なる飼育 etude」

大きなサイズで見る(全5件)

「完全なる飼育 etude」

「完全なる飼育 etude」[拡大]

「完全なる飼育 etude」

「完全なる飼育 etude」[拡大]

台湾で撮影された「完全なる飼育 etude」は男性が女性を飼育してきたシリーズ過去作とは異なり、女性が男性を“飼育”する設定に。徹底的に役者を追い込むスタイルから俳優に敬遠されている演出家・小泉彩乃役で「変態だ」の月船さららが出演。彩乃の新作舞台「完全なる飼育」を降板した主演俳優の代役オーディションを受けに来る篠田蒼を、第21回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのグランプリ受賞者・市川知宏が演じた。劇中では、彩乃が稽古という名のもとに蒼を容赦なく“飼育”していくさまが描かれる。

月船さらら

月船さらら[拡大]

市川知宏

市川知宏[拡大]

監督を務めた加藤卓哉は「批判し攻撃することでしか自分を保てないような今の世界に、『赦す』という言葉で何か変化を与えられたら。そんな想いを共有した信頼するスタッフの力を借り、『完全なる飼育』という冠に恥じぬよう、覚悟を持って撮った作品です」とコメント。月船は「自分がいつそうならないとも言えない……でも彩乃の狂気に、私はどこか神聖さすら感んじていたのです。新しい『完全なる飼育』、楽しんでご覧頂ければ幸いです」、市川は「今回は『孤独』と『赦し』がテーマになっています。是非その2つに着目して観て頂きたいと思います」と述べている。

「完全なる飼育 etude」は東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで公開。

※「完全なる飼育 etude」の最初のeはアクサンテギュ付きが正式表記
※「完全なる飼育 etude」はR15+指定作品

加藤卓哉 コメント

月船さんの類稀な表現力と、市川君の迫真の芝居が、台湾という場で化学変化を起こし、この映画を自分が想像していたよりもひとつ高いステージに押し上げてくれました。
批判し攻撃することでしか自分を保てないような今の世界に、「赦す」という言葉で何か変化を与えられたら。そんな想いを共有した信頼するスタッフの力を借り、「完全なる飼育」という冠に恥じぬよう、覚悟を持って撮った作品です。

月船さらら コメント

この物語は「舞台」のお話です。その「舞台」こそ、私が10代の頃から人生を賭けてきた世界でした。だから「彩乃」を演じることにプレッシャーも感じましたし、彼女の「舞台への情熱」に嘘がないようにしたい。
愛情や情熱が深くなるほど、それは歪み、いつか狂気に変貌するのかも知れません。
自分がいつそうならないとも言えない……でも彩乃の狂気に、私はどこか神聖さすら感んじていたのです。
新しい「完全なる飼育」、楽しんでご覧頂ければ幸いです。

市川知宏 コメント

映画「完全なる飼育」に出演させて頂きました。
過去に何作と作られてきた「完全なる飼育」シリーズに参加することができ、とても光栄です。
今回は「孤独」と「赦し」がテーマになっています。
是非その2つに着目して観て頂きたいと思います。
そして今回の作品はオール台湾ロケということもあり物語の中心となる劇場や街並み、海など全てが幻想的で素敵な場所になっています。
その情景もたっぷりと味わって頂ければと思います。

柘植伊佐夫(プロデューサー)コメント

完全なる飼育シリーズ9作目にあたる本作に、クリエイティブ全般のプロデュースで参加させていただきました。シリーズの一貫したテーマ「エロス」をベースに、劇中劇と現実が交錯していくなかに、創作への情熱や限界を越えるために現れる異常性、そして人を「赦す」ことを軸に人間たちを描きました。キャスト・スタッフともに素晴らしいチームワークで完成した作品です。お楽しみください。

この記事の画像(全5件)

月船さららのほかの記事

(c)SEDIC INTERNATOINAL,SEDIC-DILON

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 完全なる飼育 etude / 月船さらら / 市川知宏 / 加藤卓哉 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。