BOLT

BOLT

ボルト

2020年12月11日(金)公開 / 上映時間:80分 / 製作:2019年(日本) / 配給:ガチンコ・フィルム

(C)林海象、ドリームキッド、レスパスビジョン

解説 『私立探偵 濱マイク』シリーズの林海象監督7年ぶりの長編映画。“BOLT”“LIFE”“GOOD YEAR”の3つのエピソードから、大地震が原因でゆるんだボルトを締めに原子力発電所へ向かう男の姿を描く。主演は永瀬正敏、共演に佐野史郎、金山一彦、後藤ひろひとなど。現代美術家ヤノベケンジがセットや防護服のデザインを担当した。

ストーリー 日本のとある場所で、大地震が発生。その振動によって原子力発電所のボルトが緩み、冷却水が漏れてしまう。汚染水を止めるため、仲間とともにボルトを締めようと奮闘する男や、避難指定地区で亡くなった老人の遺品整理に向かった男は、悲惨な現実に直面する。

情報提供:ぴあ

この映画の画像(全8件)