新木優子、中山七里原作のWOWOWドラマ「セイレーンの懺悔」で主演

94

中山七里の小説「セイレーンの懺悔」をWOWOWが連続ドラマ化。新木優子が主演を務めることがわかった。

「連続ドラマW セイレーンの懺悔」より、新木優子演じる朝倉多香美。

「連続ドラマW セイレーンの懺悔」より、新木優子演じる朝倉多香美。

大きなサイズで見る

本作の主人公は報道番組の新人記者、朝倉多香美。あるつらい過去を抱える彼女は、番組が不祥事続きで窮地に立たされていながらも、誇りを持って仕事に取り組んでいた。そんなある日、女子高生誘拐事件が発生。事件を追う多香美は、番組の名誉挽回のためにスクープを狙いながら、自身の過去とも向き合っていくことになる。脚本を担当したのは「連続ドラマW 坂の途中の家」の篠崎絵里子。ドラマ「義母と娘のブルース」の中前勇児と「連続ドラマW 真犯人」の村上正典が監督を務める。

多香美を演じる新木は「今まで演じたことのない役に挑むので、視聴者の皆様には新しい私をお見せ出来ると思いますし、多香美が記者として成長するとともに、私も作品を通じて成長していけることが楽しみです」とコメント。中山は「モノ作りには決めごとの中でベストを発揮する面白さもあれば、タブーをぶち破る面白さもある。『セイレーンの懺悔』ドラマ化は間違いなく後者である」と断言している。

「連続ドラマW セイレーンの懺悔」は10月18日よりWOWOWプライムでオンエア予定。第1話は無料放送される。

※篠崎絵里子の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記

連続ドラマW セイレーンの懺悔

WOWOWプライム 2020年10月18日(日)スタート(予定)毎週日曜 22:00~
※全4話
※第1話無料放送

新木優子 コメント

本格的なサスペンスへの挑戦、さらに、初めての記者役ということで最初は不安もありましたが…原作・脚本を読み、真実が180度覆されてしまうような衝撃を受け、あまりの面白さにすぐに作品のファンになってしまったので、参加することが出来て嬉しいです。
私が演じる多香美は正義感が強く、自分では抱えきれないようなつらい過去を持っていながらも、強い想いを胸に真実を追い求める姿が印象的です。報道番組の仲間や周りの人々が彼女の想いに突き動かされていったように、自分で何かを変えようと動く力が素晴らしいと思いました。私自身も多香美の強い想いを大切にしながら演じていきたいです。でも、まだ入社2年目の新人で、一つのことに集中してしまうと周りが見えなくなる危うさも持ち合わせているので、その不安定な脆さも表現したいです。今まで演じたことのない役に挑むので、視聴者の皆様には新しい私をお見せ出来ると思いますし、多香美が記者として成長するとともに、私も作品を通じて成長していけることが楽しみです。
多香美が自分の信念を胸に真実を追い続けたように、激動のこの時代は自分の気持ちを明確にする、そして、その想いに従って生きることが大切ではないかと感じました。この作品が皆様にとっての想いを見つける“ヒント”になれば幸いです。

中山七里 コメント

僕は生来アマノジャクなところがあり、映像化がまず不可能な小説を書いてしまう。海外を舞台にしたりタブーとされているテーマを扱ったりするのはそういう理由だ。「セイレーンの懺悔」も例に洩れず、連載当初から「中山さん、テレビ局に喧嘩売ってるんですか」とか、「もう清々しいくらいにドラマ化は無理ですね」とか散々言われていたのだ。ところがやはり連載当初から「これはウチのために書かれたような作品ですね」と熱烈にドラマ化のオファーをいただいた局があった。言わずと知れたWOWOWさんである(この経緯、実は単行本の帯にこっそり記載がある)。モノ作りには決めごとの中でベストを発揮する面白さもあれば、タブーをぶち破る面白さもある。「セイレーンの懺悔」ドラマ化は間違いなく後者である。

関連記事

新木優子のほかの記事

リンク

関連商品