スティーヴィー・ワンダーら所属、音楽レーベル・モータウンのドキュメンタリー公開

83

2019年に創設60周年を迎えた音楽レーベル・モータウンの歴史を映し出すドキュメンタリー「Hitsville: The Making of Motown」が「メイキング・オブ・モータウン」の邦題で公開決定。メインビジュアルも到着した。

「メイキング・オブ・モータウン」ポスタービジュアル

「メイキング・オブ・モータウン」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

ザ・ビートルズやザ・ローリング・ストーンズもその影響の大きさを公言しているモータウン。創設者ベリー・ゴーディは新聞販売員を経てジャズのレコード店経営者となり、ジャッキー・ウィルソンの曲を作って音楽業界に参入した人物だ。彼が1959年に、家族から借りた800ドルを資金にタムラ・レーベルをスタートさせ、モータウンの歴史は幕を開けた。

「メイキング・オブ・モータウン」

「メイキング・オブ・モータウン」[拡大]

ゴーディが初めて自身への密着を許可した本作では、モータウンの軌跡をスティーヴィー・ワンダー、マーヴィン・ゲイダイアナ・ロス&ザ・スプリームス、ジャクソン5、テンプテーションズら所属アーティストのライブ映像とともにたどっていく。ゴーディが親友であり戦友のスモーキー・ロビンソンと旧交を温める場面も。

なおモータウンは、かつてゴーディが働いていた自動車工場の組み立てラインをヒントに、ダンスやエチケットも含め徹底した管理体制を敷き、全米No.1ヒットを連発。特にクオリティ・コントロールと呼ばれた品質管理会議は、ソングライターやプロデューサーたちの競争心をあおり、ブランドに磨きをかけた。また人種差別や暴動、作家の離脱などの苦難にも直面し、やがて反戦などの社会的メッセージを含んだ楽曲も登場。本作では引退を表明したゴーディが黒人差別などの問題を抱えた激動のアメリカで、モータウンが成功した秘密を明かしている。

ベンジャミン・ターナーとゲイブ・ターナーが監督を務めた「メイキング・オブ・モータウン」は、9月18日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次ロードショー。

この記事の画像(全2件)

関連記事

リンク

関連商品

(c)2019 Motown Film Limited. All Rights Reserved