「テセウスの船」柴崎楓雅が1人4役に挑戦、松田裕子による書き下ろし脚本のドラマ配信

161

リモートドラマ「あなたの夢叶えますガチャ ~同じ顔編」の第1話が、YouTubeで本日6月23日に配信された。

柴崎楓雅

柴崎楓雅

大きなサイズで見る

本作は、オリジナル脚本をもとにしたリモートドラマを配信しているYouTubeチャンネル「ドリプラチャンネル」での企画第3弾。お金を入れると、会いたいと願う相手と画面上で会話できる魔法の機械をテーマに物語が繰り広げられる。「テセウスの船」で知られる柴崎楓雅が1人4役で出演。ドラマ「東京タラレバ娘」や「花咲舞が黙ってない」シリーズの松田裕子が脚本を書き下ろし、「兄友」の中島良が演出を担当した。

柴崎は「それぞれの性格を想像し、声のトーンや動きに変化をつけました。セリフが多かったので声色を変えながら覚えるのは大変でしたが、観て頂けたら嬉しいです」とアピール。「『テセウスの船』にハマっていたので、柴崎風雅くんのドリプラチャンネルへのエントリーシートを見たとき『みきおだ!』とテンションが上がりました」と回想した松田は「あの恐ろしい罪を犯す役をやりきっていた彼のもっと色々な顔を見てみたくて、このストーリーを書きました」とコメントした。

また中島は「難しい言葉で感情や表現の仕方を説明することも多かった」という収録での柴崎について、「難しい言葉は知らなくても意味がわかると『やってみます!』と言って、ザッツライトな芝居をしてくれるのです!」と述べている。

柴崎楓雅 コメント

初めてひとり4役に挑戦しました。それぞれの性格を想像し、声のトーンや動きに変化をつけました。
セリフが多かったので声色を変えながら覚えるのは大変でしたが、観て頂けたら嬉しいです。

松田裕子 コメント

「テセウスの船」にハマっていたので、柴崎風雅くんのドリプラチャンネルへのエントリーシートを見たとき「みきおだ!」とテンションが上がりました。あの恐ろしい罪を犯す役をやりきっていた彼のもっと色々な顔を見てみたくて、このストーリーを書きました。
1人で4役をしっかり演じ分けている恐るべし12歳をぜひ観ていただきたいです!

中島良 コメント

今回リモート撮影で、音や映像にタイムラグがあったりと大変なこともありました。
柴崎楓雅くんには4役を演じ分けた上で、さらに一面的なキャラクターでなく奥行きがあるようにしたかったので、難しい言葉で感情や表現の仕方を説明することも多かったんですが、
彼は難しい言葉は知らなくても意味がわかると「やってみます!」と言って、ザッツライトな芝居をしてくれるのです! 末恐ろしい子!!(怖)とびっくりしました。ぜひ、作品をお楽しみください。

関連記事

リンク

関連商品