母国から逃れチェス王者目指す少年の実話を映画化「ファヒム パリが見た奇跡」予告

78

フランスで起きた実話にもとづく「ファヒム パリが見た奇跡」の予告編およびポスタービジュアルが公開された。

「ファヒム パリが見た奇跡」ポスタービジュアル

「ファヒム パリが見た奇跡」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全5件)

「ファヒム パリが見た奇跡」

「ファヒム パリが見た奇跡」[拡大]

本作は、政治難民として母国バングラデシュからわずか8歳でパリに移り住むことになった天才チェス少年ファヒムの物語。言葉もわからず住む場所も定まらない中、チェスのチャンピオンを目指すファヒムの姿が描かれる。

予告編には大好きな母のもとを離れ、難民として父と命懸けでパリにやって来たファヒムがチェスのチャンピオンになるべく奮闘する姿が。熱心に指導するコーチ・シルヴァンとの国籍や年齢を超えた師弟愛、「言葉がわからなければ僕らが教える」と温かい手を差し伸べるクラスメイトの友情、そして家族愛があふれ出る映像となっている。

ファヒムを演じたのは、これが演技初挑戦であり、自身も撮影が始まる3カ月前にバングラデシュから逃れてきたアサド・アーメッド。シルヴァンには「シラノ・ド・ベルジュラック」のジェラール・ドパルデューが扮した。監督は俳優としても活躍するピエール=フランソワ・マルタン=ラヴァル。ファヒムのモデルとなった少年のことをテレビで知ったという彼は「それまで彼のことをまったく知りませんでしたが、落ち着いた声で話すこの少年に魅了され心を揺さぶられました。私の映画作家としての血が体をひと巡りし、すぐにこの映画を作りたいと思ったのです」と明かした。

「ファヒム パリが見た奇跡」は8月14日に東京・ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国で公開。

この記事の画像・動画(全5件)

関連記事

ジェラール・ドパルデューのほかの記事

リンク

関連商品

(c)POLO-EDDY BRIERE.