ソ連のバンド・キノがモデル、70's~80'sロックが彩る「LETO」7月公開

129

第71回カンヌ国際映画祭でカンヌ・サウンドトラック賞最優秀作曲家賞を受賞した「LETO -レト-」が、7月24日に公開される。

「LETO -レト-」ポスタービジュアル

「LETO -レト-」ポスタービジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

ロシアのバンド・キノのボーカルであるヴィクトル・ツォイと、彼の音楽的才能を見出したマイク・ナウメンコ、彼の妻ナターシャをモデルにした本作。1980年代前半、西側諸国の文化が禁じられていたソ連時代のレニングラードを舞台に、アンダーグラウンド・ロックの最前線で人気を博していたバンド・ズーパークのリーダーであるマイクと、ロックスターを夢見るヴィクトルが出会うことから物語が展開する。ヴィクトルの才能を見出したマイクは、ともに音楽活動を行うようになるが、その一方でマイクの妻ナターシャとヴィクトルの間に淡い恋心が芽生えていく。

「LETO -レト-」

「LETO -レト-」[拡大]

監督を務めたのは芸術家のキリル・セレブレンニコフ。キノの楽曲のほか、T・レックス「Broken Hearted Blues」、トーキング・ヘッズ「サイコ・キラー」、イギー・ポップ「パッセンジャー」、ルー・リード「パーフェクト・デイ」、デヴィッド・ボウイがモット・ザ・フープルに提供した「すべての若き野郎ども」など1970年代から1980年代にかけてのロックナンバーが劇中を彩っている。ヴィクトルをユ・テオ、ナターシャをイリーナ・ストラシェンバウム、マイクをローマン・ビールィクが演じた。

「LETO -レト-」は東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開。

この記事の画像(全2件)

関連記事

関連商品

(c)HYPE FILM, 2018