共演がきっかけでヒロイン役女優と交際、「ラブセカ」フランソワ・シヴィルの新写真

30

ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」より、主演を務めるフランソワ・シヴィルの新場面写真とメイキング写真が到着した。

「ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」新場面写真

「ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」新場面写真

大きなサイズで見る(全13件)

「ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」

「ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」[拡大]

「あしたは最高のはじまり」のユーゴ・ジェランが監督した本作は、人気SF作家ラファエルを主人公としたファンタジックラブストーリー。妻オリヴィアとすれ違う日々を過ごしていたラファエルが、“もう1つの世界”に迷い込むことから物語が展開する。その世界ではオリヴィアとの出会いがなかったことになっており、ラファエルは彼女に接触を試みていく。

「ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」新場面写真

「ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」新場面写真[拡大]

フランス出身のシヴィルは、「FRANK -フランク-」で有望な若手に贈られる第72回カンヌ国際映画祭のショパール・トロフィーを受賞。「私の知らないわたしの素顔」ではジュリエット・ビノシュとバーチャル恋愛を繰り広げる役を演じた。本作では、“もう1つの世界”に行ったことで自分を見つめ直す主人公ラファエル役を務めている。このたび、ラファエルが屈託なく笑う姿や、切ない表情でオリヴィアを見つめる場面の写真が公開された。

「ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」メイキング写真

「ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」メイキング写真[拡大]

ジェランは、ラファエル役にシヴィルを起用した理由を「ラファエルは下手な振る舞いもするけれど、そんなときでも観る人が自然に寄り添いたくなるような俳優が欲しかったんだ。そこで、別作品で組んだことがあるフランソワが思い浮かんだ。彼は芸達者で、完全に役に没頭してくれるし、面白くて、繊細で感性がいいんだ。それにもちろん、恋愛ものになくてはならない色気もあるからね」と述べる。そして「ノッティングヒルの恋人」「エターナル・サンシャイン」「ラブ・アクチュアリー」といった映画が好きだというシヴィルは、本作の脚本について「とにかく感性にぴったりだったんだ。ユーゴの脚本は質のいいラブコメというだけじゃなく、バディムービーでもあって、おまけに“もう1つの世界”に行ってしまうというひねりもある。必死になって何かしようとするうちに、人としても成長するっていいよね」とコメントした。

「ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」

「ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」[拡大]

「ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」

「ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」[拡大]

なおシヴィルとオリヴィア役のジョセフィーヌ・ジャピは、本作での共演がきっかけでプライベートでも交際に発展。彼女に関してシヴィルは「聡明で美しいジョセフィーヌの魅力が、映画全体にあふれている。彼女と共演できて光栄だよ」と語った。

「ラブ・セカンド・サイト はじまりは初恋のおわりから」は近日公開。

この記事の画像・動画(全13件)

関連記事

フランソワ・シヴィルのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2018 / ZAZI FILMS - MARS CINEMA - MARS FILMS - CHAPKA FILMS - FRANCE 3 CINEMA - C8 FILMS