松本穂香がドラマ「竜の道」出演、玉木宏と高橋一生演じる兄弟に変化与える妹役

148

玉木宏が主演を務めるドラマ「竜の道 二つの顔の復讐者」に、松本穂香が出演することがわかった。

松本穂香

松本穂香

大きなサイズで見る(全4件)

白川道の未完小説「竜の道」を原作とする本作は、養父母を自殺に追いやった運送会社社長への復讐を誓った双子の兄弟を描くサスペンス。名前と顔を変えながら裏社会に身を投じていく兄・竜一を玉木、運送会社を監督する立場にある国土交通省に入りエリート官僚として権力を握っていく弟・竜二を高橋一生が演じる。

松本は、竜一と竜二が養子として引き取られた吉江家に誕生した妹・美佐を演じる。両親が自殺した当時の記憶はなく、事故死と教えられてきた。竜一は死んだと思い込む美佐に対し、竜二は妹以上の感情を抱くようになる。しかし彼女が家族の過去を調べ始めたことで、双子の絆に変化が起こっていく。

松本は「こういう復讐モノの作品に出演するのは初めてなので、この美佐を私にとっても、見てくださる方々にとっても忘れられない役にしたいです」とコメント。「玉木さん演じる竜一と高橋さん演じる竜二、それぞれ違う迫力を楽しんでもらえたらと思います。復讐という向かう先は一緒のはずの二人に妹の美佐が絡んでいくことで、いろいろ展開が巻き起こって全然予測できない方向に進んでいきますし、毎話のドンデン返しを純粋に楽しんでいただけたらいいなと思います」とアピールした。

「竜の道 二つの顔の復讐者」は4月14日にカンテレ・フジテレビ系でスタートし、毎週火曜21時より放送。脚本を「グッドワイフ」の篠崎絵里子、演出を城宝秀則、岩田和行、紙谷楓が担当する。

※篠崎絵里子の崎は立つ崎(たつさき)が正式表記
※「竜の道 二つの顔の復讐者」は、新型コロナウイルスによる感染症の拡大を受けて放送が延期となりました。最新の情報は公式サイトをご確認ください。

竜の道 二つの顔の復讐者

カンテレ・フジテレビ系 2020年4月14日(火)スタート 毎週火曜 21:00~

松本穂香 コメント

ドラマの企画、脚本を読んだときの印象

裏社会や政治が関わってくる難しそうな話ですが、登場人物たちの感情もしっかり描かれているのでとてもわかりやすくて、いろいろな人に楽しんでもらえる作品になるんじゃないかなと思いました。

美佐の印象

複雑な環境で育つなかで、強くならざるを得ない人生を歩んできた女性だと思います。なので、優しいけれど弱くはない、「優しくて、芯が強い女性」ということは、意識して演じていきたいなと思います。

玉木宏、高橋一生と三兄妹を演じることについて

玉木さんも高橋さんもたくさんの作品を見させていただいて、その役の印象が強く残っています。とにかくお二人とも役への入り込み方がすごいという印象があります。私としては、余計なことは考えず、ただ妹として竜一と竜二のことを、兄として愛することで美佐という役を作っていけたらと思っています。

これから始まる撮影に向けて

毎回、ちょっとずつでも成長できたらいいなという気持ちでやっているので、この作品でも挑戦していきたいなと思います。こういう復讐モノの作品に出演するのは初めてなので、この美佐を私にとっても、見てくださる方々にとっても忘れられない役にしたいです。

視聴者へのメッセージ

玉木さん演じる竜一と高橋さん演じる竜二、それぞれ違う迫力を楽しんでもらえたらと思います。復讐という向かう先は一緒のはずの二人に妹の美佐が絡んでいくことで、いろいろ展開が巻き起こって全然予測できない方向に進んでいきますし、毎話のドンデン返しを純粋に楽しんでいただけたらいいなと思います。

この記事の画像・動画(全4件)

リンク

関連記事

関連商品