映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

中谷美紀、池田エライザらがドレスで集結、蜷川実花「FOLLOWERS」プレミア

914

左から板谷由夏、夏木マリ、中谷美紀、池田エライザ、コムアイ。

左から板谷由夏、夏木マリ、中谷美紀、池田エライザ、コムアイ。

Netflixオリジナルドラマ「FOLLOWERS」のワールドプレミアが本日2月4日に表参道ヒルズで開催され、キャストの中谷美紀池田エライザ夏木マリ板谷由夏コムアイ上杉柊平金子ノブアキゆうたろう、監督の蜷川実花が登壇した。

東京を舞台に世代の違う女性たちの人生が、SNSを通じて交錯していく本作。人気写真家の主人公・奈良リミに中谷、女優を夢見る百田なつめに池田が扮した。きらびやかなドレスやスーツに身を包み、表参道ヒルズの階段を降りて登場したキャストたち。「まるで『FOLLOWERS』の劇中にいるような華やかな場所に来れてうれしく思います」をほほえんだ蜷川は、「東京発の東京のリアルなドラマを世界に発信したいという思いと、女性の多様な生き方や大人って楽しいよね!というポジティブなメッセージをお届けしたいです」と本作に込めた思いを語る。

写真家である自身の役柄について、中谷は「実花さんご本人をモデルにしたキャラクター。実花さんの写真を拝見すると被写体に対する大きな愛情を感じるので、自分も実花さんらしさを大切にカメラを撮らせていただきました」とコメント。また池田を撮影した際のことを「『かわいいな、きれいだな』と思いながらほとばしる情熱を一瞬たりとも逃したくないとシャッターを切りました」と回想した。

「なつめは私がなりたくてもなれなかった女の子」と話した池田。「なつめは憤ったときにすぐにストレートに言えるんですが、私はもっと器用にやっちゃうと思うんです。だから彼女の、武器がないからこそ素手でラスボスにカチコミにいくようなタフさに影響を受け続けていました」と魅力を分析する。

劇中で中谷、夏木、板谷、金子が演じた役柄は“女子会仲間”という設定。「がっちゃがちゃでした。すごく楽しかったです」と金子が、「セリフというよりも会話。私たちの女子トークを撮っていただいているような感じでした」と夏木が振り返ると、蜷川は「今回はすごくアドリブが多くて。こんなにアドリブを入れたのは初めてです」と述べる。また仕事と恋愛を天秤に掛けるシーンに関連して、自身はどちらを取るかという質問が飛ぶと、金子以外の3人は声をそろえて「仕事!」と回答。「そういう女が集まってる」と言う板谷に、中谷は「私は両方です。欲張りなので」とにっこり笑った。

東京のさまざまな場所で撮影をしたという池田、コムアイ、上杉、ゆうたろう。コムアイは「ロケ地が前の晩に飲んでた場所だったりしたんです」と明かし、蜷川も「リアルと物語がごっちゃになる瞬間がけっこうみんなあったと思う」とうなずく。池田は「意外とエモーショナルなシーンがただの道端や外だったりして。やっぱり若者って外が似合うんだなと思いました。奔放さを象徴している場所なのかも」と述懐した。

全9話の「FOLLOWERS」は2月27日に配信スタート。

映画ナタリーをフォロー