映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「ビバリーヒルズ再会白書」吹替声優陣も再集結!中原茂、松本梨香、安達忍ら参加

350

「ビバリーヒルズ再会白書」日本語吹替版キャスト告知ビジュアル

「ビバリーヒルズ再会白書」日本語吹替版キャスト告知ビジュアル

ドラマ「ビバリーヒルズ再会白書」の日本語吹替版キャストを当時の声優が担当することが明らかに。あわせて吹替版の予告編がYouTubeで公開された。

「ビバリーヒルズ高校白書」「ビバリーヒルズ青春白書」のキャストが再集結した本作。本人役で登場するキャストたちのリアルな生活とフィクションの設定が入り混じり、当時の撮影の裏側やドラマと現実のギャップに悩む姿などがコミカルに描かれる。ブランドン役のジェイソン・プリーストリー、ケリー役のジェニー・ガース、ドナ役のトリ・スペリング、スティーブ役のアイアン・ジーリング、アンドレア役のガブリエル・カーテリス、デビッド役のブライアン・オースティン・グリーン、ブレンダ役のシャナン・ドハティが出演した。

吹替版ではプリーストリーに中原茂、ガースに松本梨香、スペリングに安達忍、ジーリングに堀内賢雄、オースティン・グリーンに佐々木望、ドハティに小金澤篤子が声を当てる。また「ビバリーヒルズ高校白書」「ビバリーヒルズ青春白書」でアンドレアの声を担当し、2016年に死去した水谷優子に代わって土井美加がカーテリスを演じることも発表された。中原は「元アンドレア役の水谷優子ちゃんもスタジオに来て喜んでくれていたと思います」と収録を振り返り、「あの画像を見た瞬間、テーマソングを聴いた瞬間、ブランドンの『やぁガイズ! 元気だったかい!』の声が聞こえてきました。懐かしい友が訪ねてきてくれた感覚でしたね」と喜びを語っている。そのほかのキャストのコメントは以下に掲載した。

「ビバリーヒルズ再会白書」はHuluにて12月24日から独占配信。全6話で毎週火曜に最新話が追加される。なお「ビバリーヒルズ高校白書」「ビバリーヒルズ青春白書」も24日より順次配信され、2月からは「新ビバリーヒルズ青春白書」も配信される。

中原茂 コメント

吹替制作の話を聞き、単純に嬉しかったです。まさか又オリジナルメンバーで新しい物語を収録する事になるとは夢にも思っていませんでしたので。(元アンドレア役の水谷優子ちゃんもスタジオに来て喜んでくれていたと思います)
今回の役を演じることで、意識をした部分はありません。あの画像を見た瞬間、テーマソングを聴いた瞬間、ブランドンの「やぁガイズ! 元気だったかい!」の声が聞こえてきました。懐かしい友が訪ねてきてくれた感覚でしたね。

松本梨香 コメント

何十年もの時を越えて再びビバヒルのみんなに逢えるなんて♪♪♪
10年ケリーを吹き替えしてきて、あれから何年も時は経ち……またできる喜び、こんな事があるんだと驚き嬉しく思います。
自分もケリーと同じように歳を重ねてきたんだなぁ~と……しみじみしたり……あの頃と変わらず、自然体で挑め、タイムスリップしたような不思議な感じ。
とても楽しかった収録現場が復活していました。
続けてきたからこその素晴らしい再会をさせてもらえ感謝の気持ちでいっぱいです。

安達忍 コメント

ビバヒルの撮影が始まっているという情報を知ってから、まず日本語版の製作があるの?
そして、あるにしても私達になるの?と不安でした。収録のスケジュールをいただいた時はただただ嬉しいの一言でした!
トリも私と同じく20年の歳を重ねているので今回演じることに抵抗はありませんでしたよ! けれどドナだけどドナじゃないわけで……(笑)。
1話目はシチュエーションに少しだけ??となりましたけど、トリの顔を見た途端戸惑いは消えました!

堀内賢雄 コメント

懐かしさに心踊りました。昔の記憶がよみがえり嬉しかったです。
渋くなった、スティーブはさらに魅力的で演じやすかったです。

土井美加 コメント

アンドレアはもともとセレブではないこと、そしてガブリエル本人も、他の人達よりかなり歳上だという事実からくる劣等感が、“今”も根底にある~ということ。そして私は、水谷さんのイメージを壊さずに“今”のガブリエルをやれたら……と思っていました。

佐々木望 コメント

本国でドラマが制作されたことは聞き知っていましたので吹替版の収録が始まるのをわくわく待っていました。俳優さん皆さんがさらに素敵になっておられて、動き喋り集う姿を見られて感無量でした。デビッド役の時代から20年近く経ってまた同じ俳優さんの吹替ができることを幸せに思います。大人の魅力あふれるブライアンですが、ドナちゃんとのやり取りなどにかつてのデビッドとどこか通じる部分を残したくて、そのあたりちょっと工夫しました。楽しみにご覧ください!

小金澤篤子 コメント

まさかの再会劇にビックリ嬉しかったけど、ルーク・ペリー氏と水谷優子ちゃんが鬼籍の人となったのは本当に切なかった。
ビバリーヒルズ90201のその後のウォルシュ家ではなくて、俳優たちの再会劇だったので、虚実ないまぜの展開に戸惑いながらも楽しく参加しました。ブレンダとシャナンは違うといえばちがうけど、マイペースで思い込んだら実行してしまう素っ頓狂なところは共通点かしら。
続きがみたくなる作品だと思います。

映画ナタリーをフォロー