“環境に優しい”や“サステナブル”の実態暴く「グリーン・ライ ~エコの嘘~」公開

119

「プラスチック・プラネット」のヴェルナー・ブーテが監督した「グリーン・ライ ~エコの嘘~」が、3月28日に公開される。

「グリーン・ライ ~エコの嘘~」

「グリーン・ライ ~エコの嘘~」

大きなサイズで見る(全16件)

「グリーン・ライ ~エコの嘘~」ポスタービジュアル

「グリーン・ライ ~エコの嘘~」ポスタービジュアル[拡大]

これは、スーパーマーケットで見かける「環境に優しい」「サステナブル」と書かれた商品の実態を暴くドキュメンタリー。環境へ配慮していると見せかけている企業やその行動を意味する“グリーン・ウォッシング”の専門家カトリン・ハートマンとともに、ブーテが世界を1周しながら“エコの嘘”を調べていく。スーパーの多くの既製品に「持続可能な」と表示のあるパーム油が使用されていることから、2人はインドネシアを訪れ、パーム油農園を拡大するために不法に焼き尽くされた土地の惨状を目にする。さらにアメリカでマサチューセッツ工科大学の名誉教授ノーム・チョムスキーと面会するほか、ブラジルでは先住民族協会のリーダーに話を聞く。

「グリーン・ライ ~エコの嘘~」

「グリーン・ライ ~エコの嘘~」[拡大]

「グリーン・ライ ~エコの嘘~」は東京のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次ロードショー。

この記事の画像(全16件)

関連記事

(c)e&a film