映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

北村匠海と芳根京子、30年後の「7日間戦争」に意欲!宮沢りえは“奇跡”を懐かしむ

1130

「ぼくらの7日間戦争」初日舞台挨拶の様子。左から宮沢りえ、北村匠海、芳根京子、村野佑太。

「ぼくらの7日間戦争」初日舞台挨拶の様子。左から宮沢りえ、北村匠海、芳根京子、村野佑太。

劇場アニメ「ぼくらの7日間戦争」の初日舞台挨拶が本日12月13日に東京・TOHOシネマズ 日比谷で行われ、キャストの北村匠海DISH//)、芳根京子宮沢りえ、監督の村野佑太が登壇した。

宗田理の小説「ぼくらの七日間戦争」をもとにした本作。2020年の日本を舞台に、学校では目立たない歴史マニアの鈴原守と、彼が片思いする幼なじみ・千代野綾の物語が描かれる。北村が守、芳根が綾に声を当て、1988年公開の実写映画に出演した宮沢は“2020年の中山ひとみ”として同じキャラクターの約30年後を演じた。

北村は「声の収録ではものすごく濃厚な2日間戦争をしまして、今日にたどり着いております」と映画の封切りを喜ぶ。宮沢は「30年前のことを知っている人はほとんどいないと思いますが……」とつぶやきながら客席を見回して「まさか30年後に中山ひとみを演じるとは夢にも思っていませんでした。私のデビュー作が『ぼくらの七日間戦争』で本当によかったと思っています。その感謝の気持ちを込めて、ささやかですが参加させていただきました」と笑顔で話した。

実写版「ぼくらの七日間戦争」を鑑賞した感想を、北村は「今22歳の僕が観ても、子供たちが大人っぽく見えて不思議でした。時代は移り変わっていきますが、バトンを受け継げてよかった」と、芳根は「あの時代の力強さを感じてすごくうらやましく思いました」と宮沢に届ける。宮沢は演技に初挑戦した同作の撮影を「演技に対して劣等感があったんです。とても苦労したけど、現場に入ってみるとたくさんのスタッフの人たちのエネルギーに押されて、できなかったことがどんどんできるようになった。演じることの奇跡をなんとなく感じたような記憶があります」と懐かしそうに振り返った。

続いて、北村と宮沢がともにアフレコをした際の思い出話へ。北村は「いやあ、緊張しましたよね……。現場に入ったらただならぬ空気が流れていて」と収録時に思いを馳せ、「宮沢さんに『がんばってね』と言っていただけて。それだけで走り抜けられたところがあります」としみじみ。そして宮沢から「私がしゃべるタイミングを教えてくださったり、余裕がありましたよ」とたたえられた北村は「プロの声優さんから教わったことを活用するなら今だ!と思ったのかもしれないです」とはにかむ。

舞台挨拶では、宗田からの「見事な出来栄えでした」「僕が自信を持ってオススメします」との手紙がMCによって代読される場面も。そして北村は「今日からこの映画は羽ばたいていきます。30年後、違う『ぼくらの7日間戦争』に出られたらいいなと思います」と挨拶し、芳根も「私も便乗させてください!」と声を弾ませた。

「ぼくらの7日間戦争」は、全国の劇場で上映中。

(c)2019 宗田理・KADOKAWA/ぼくらの7日間戦争製作委員会

映画ナタリーをフォロー