映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「スター・ウォーズ」キャスト来日、デイジー・リドリーが日本語で「うれしい!」

410

左からジョン・ボイエガ、デイジー・リドリー、オスカー・アイザック、アンソニー・ダニエルズ。

左からジョン・ボイエガ、デイジー・リドリー、オスカー・アイザック、アンソニー・ダニエルズ。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」のレッドカーペットイベントが本日12月11日に東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、キャストのデイジー・リドリージョン・ボイエガオスカー・アイザックアンソニー・ダニエルズ、監督のJ.J.エイブラムス、プロデューサーのキャスリーン・ケネディとミシェル・レイワンが参加した。

コスプレをしたファンを含め、多くの人々が集まった屋外の会場。まずは黒い車から白い衣装のリドリーが姿を現し、大歓声を巻き起こす。その後ダニエルズ、ボイエガ、エイブラムス、アイザック、ケネディとレイワンが順に登場。彼らは次々と手を伸ばすファンたちに快くサインし、撮影にも応じた。

続いてステージでリドリーらが顔をそろえ、会場の人々をより一層興奮させる。彼らと一緒にC-3PO、R2-D2、BB-8、カイロ・レン、ストームトルーパー、そして新キャラクターのD-Oも登壇した。エイブラムスは「日本に来られて本当にうれしいよ。ステージに並んでいるみんなが素晴らしい仕事をしてくれたから、早く観てもらいたいんだ」と挨拶。リドリーは「日本に来られてうれしいです!」と日本語で話しファンを沸かせ、アイザックは「日本が大好き。みんなのことも大好きだよ! 今日はありがとう!」とハイテンションで心境を語った。

またボイエガは「日本の人たちは世界でも最高のファンなんだ」と喜びをあらわにし、ダニエルズは「『スター・ウォーズ』のファンでいてくれて本当にありがとう」としみじみ感謝を伝える。ケネディは「日本は長い間『スター・ウォーズ』にとって重要な国。受け継いできてくれてありがとう」と笑顔で述懐。そして最後にリドリーが「フォースと共にあらんことを」と日本語でメッセージを送り、イベントを締めくくった。

「スター・ウォーズ」シリーズのエピソード9にあたる「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」は、12月20日に日米同時公開。

(c)2019 ILM and Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー