映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

遠藤憲一、ドラマで共演した高嶋政伸のアドリブ振り返り「笑いすぎて死にそうに」

68

「遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます」Blu-ray / DVDコンプリート・ボックス発売記念イベントの様子。左から笠原秀幸、遠藤憲一。

「遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます」Blu-ray / DVDコンプリート・ボックス発売記念イベントの様子。左から笠原秀幸、遠藤憲一。

ドラマ「遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます」のBlu-ray / DVDコンプリート・ボックス発売記念イベントが本日12月3日に東京・HMV&BOOKS SHIBUYAで開催され、キャストの遠藤憲一笠原秀幸、プロデューサーの堤口敬太が登壇した。

挨拶で「宮藤さんも来てほしかったんですがバックレました」と笑った遠藤は、まず番組告知ナレーションを生披露して会場を温める。脚本をもらったときの印象を尋ねられると「脚本の状態から面白かったです。文字で笑えるものってなかなかないんですが、宮藤さんの本はぶっ飛んだ部分が多い」と回想。続けて「僕もプレッシャーでしたが、ゲストもプレッシャーがすごかったようで。来る人たちが毎回のように『前日眠れなかった』と言うんですよ。俺は眠れないというのはなかったですけど」と話して観客を笑わせる。

「俺は受け身の役と言うか、何かをしでかされる側だったから(笑)」とフォローしつつ、「第1話に登場した(小栗)旬くんも『緊張する』と。彼の動揺した顔を見たことがなかったのでびっくりしました」と明かす遠藤。うなずく笠原が「小栗くんがほぼ眠れず、撮影初日の前夜に1人で稽古場に行ってきたって言ってましたね」と振り返ると、堤口は脚本がゲストへの当て書きだったと説明し「ゲストにはどんな脚本が来るかわからない状態でオファーを受けていただいたんです」と苦労を察していた。

サスペンスドラマの撮影をしているという設定のため、ゲストがおかしな行動を取っても笑いを我慢していた遠藤。「現場では普段練習はしないんですが、今回はメイクをする場所でゲストと一緒に練習してました。でも皆さんはすでに変な世界に入ってる状態なので、読み合わせのときから笑っちゃった」と話す。一方、笠原は本番でしばしば吹き出してしまう遠藤を横目に、「2人で笑っちゃったらいけないと思って……」とこらえていたという。そして「遠藤さんが一番笑ってしまうところでももをつねったり、笑わないように口を開けて、まるで芝居であるかのように表情を作ったりしたんです」と笠原が漏らすと、遠藤は「その耐える顔見ると余計笑っちゃって」と思い起こしていた。

イベント中には高嶋政伸の出演シーンが流される一幕も。脚本そのままのセリフを言いつつ、アドリブで奇怪な動きをする高嶋に会場は爆笑。遠藤は「毎日10日間くらい練習してたって言うんですよ。何度やらせても一寸違わずに同じことができる。笑いすぎて死にそうになった」と振り返り、「彼は役作りを徹底的にしたと言っていて、立つ場所も『僕は役的にこっち側ですね』と」と入れ込み具合に驚いた様子を見せる。また野村周平がアドリブで遠藤にヘッドロックをかけたエピソードをMCが披露すると、笑いながら野村を止めたという笠原は「本当に落ちちゃうんじゃないかと思って」と言って観客を笑わせていた。

「遠藤憲一と宮藤官九郎の勉強させていただきます」のBlu-ray / DVDコンプリート・ボックスは明日12月4日に発売。

(c)2018 WOWOW/ファーストカット

映画ナタリーをフォロー