フラメンコダンサー、ロシオ・モリーナの創作現場捉えたドキュメンタリー公開

55

スペインのフラメンコダンサー、ロシオ・モリーナの創作現場を追ったドキュメンタリー「衝動―世界で唯一のダンサオーラ」が2020年3月に公開される。

「衝動―世界で唯一のダンサオーラ」

「衝動―世界で唯一のダンサオーラ」

大きなサイズで見る(全2件)

「衝動―世界で唯一のダンサオーラ」ティザービジュアル

「衝動―世界で唯一のダンサオーラ」ティザービジュアル[拡大]

奇抜な振り付けと高度なテクニックで、各国の舞台芸術家や現代アートの世界から高く評価されているモリーナ。スペイン舞踊家賞を26歳の若さで受賞、2018年にはイギリスの舞台芸術の最高賞ローレンスオリヴィエ賞にノミネートされている。ステージを観た世界的バレエダンサー、ミハイル・バリシニコフが彼女のもとにひざまずいたという逸話も。

映画では、モリーナがフランスのパリにあるシャイヨー国立舞踊劇場の舞台に立つまでの道のりに密着。ダンスの練習をする姿やステージの現場が切り取られた。ともに作品を作り上げるミュージシャン仲間や家族の証言などを通し、彼女の人物像にも迫っている。

エミリオ・ベルモンテが監督・脚本を担当した「衝動―世界で唯一のダンサオーラ」は、東京・東劇、東京都写真美術館ホールほか全国でロードショー。

この記事の画像(全2件)

関連記事

リンク

関連商品