映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

木村拓哉との共演に後輩・玉森裕太が胸いっぱい「呼ばれるたびに心拍数が…」

4196

左から木村拓哉、鈴木京香、玉森裕太。

左から木村拓哉、鈴木京香、玉森裕太。

連続ドラマ「グランメゾン東京」の制作発表会見が本日10月16日に東京のハイアット リージェンシーで開催され、キャストの木村拓哉鈴木京香玉森裕太尾上菊之助及川光博沢村一樹が出席した。

本作は、フランス料理の天才シェフ・尾花夏樹が、世界最高の3つ星レストランを作り上げるために奮闘する物語。ある事件をきっかけに2つ星の店も仲間も失ってしまう尾花に木村、彼に再び料理人として生きる契機を与えるシェフ・早見倫子に鈴木京香が扮する。

料理の手順を覚えてから現場に入るという木村は「パリで手長海老のエチュベを作るシーンでは、16人前作りました」と撮影を振り返り、「スタッフでおいしくいただきました」とにんまり。鈴木は共演者たちを見やりながら「こんなに素敵な方たちと一緒に仕事ができる。日本で一番うらやましがられている女は私だなと実感しています(笑)」とチャーミングに話したあと「木村さんの『チームワークはすでに3つ星』という言葉が何よりもうれしい」と、ともに取材を受けた際の木村のコメントを紹介する。

パリで尾花の弟子として働いていた平古祥平役の玉森は、これまであまり料理をしてこなかったそう。彼は「手慣れている感じや、料理中のしぐさはごまかせない」と料理人を演じることの苦労を明かし、オムレツを作るシーンに触れて「本当に緊張したんですよー! 焼き色やしわを入れちゃいけないとかあって」とぽつり。フレンチレストラン「gaku」のシェフ・丹後学役の菊之助も、本作への参加をきっかけに朝食を作るようになったといい「最近では家族がおかわりしてくれるようになりました」と笑顔で語った。

人気Web料理研究家・相沢瓶人役の及川は「メディアに出てくる料理人なので、意識しているのは好感度です」と言い切って会場の笑いを誘い、「個人的にはパスタはナポリタンしか作ったことがありませんが、第2話にすーごいパスタが登場しますから!」と今後の展開をアピール。ギャルソン・京野陸太郎役の沢村は、尾花の胸ぐらをつかむシーンに思いを馳せ「大丈夫だった?」と木村に声をかける。木村は「沢村さんは『絶対に僕の手の跡がついているから』と撮影中からずっと気にかけてくださったんです。服を脱いだときに見たら本当についてました(笑)」と答え、沢村とともに笑い合った。

会見では、キャストがファンからの質問に答えるコーナーも用意された。「ウニの下処理をする場面は痛くなかったですか?」と尋ねられた玉森は「痛かったです! 気合いで乗り切るしかなかったですね」と声を上げ、木村も「痛いし手に色が付着するよね」と続ける。また「現場での呼び名は?」との質問で、木村から“裕太”と呼ばれている玉森は「呼ばれるたびに心拍数が上がっています」と胸いっぱいの様子でコメント。それをうらやましがった男性陣が「せーの、裕太ー!!」と一斉に呼びかけて玉森を恐縮させる一幕も見られた。

最後に木村は「僕たち全員で力を合わせて作っていきますので、ぜひご来店をお待ちしております」と来場者に呼びかけ、会見を締めくくった。

「グランメゾン東京」は10月20日より、毎週日曜21時から放送。

日曜劇場「グランメゾン東京」

TBS系 2019年10月20日(日)スタート 毎週日曜 21:00~21:54
※初回25分拡大スペシャル

映画ナタリーをフォロー