映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

「ゴーストバスターズ」の一員になれる体験型イベント、ゴーストと顔が入れ替わる鏡も

177

「GHOSTBUSTERS ROOKIE TRAINING」の様子。

「GHOSTBUSTERS ROOKIE TRAINING」の様子。

オリジナル版「ゴーストバスターズ」の日本公開35周年を記念したイベント「#011 GHOSTBUSTERS IN THE PARK」が、10月14日から12月8日にかけて東京 Ginza Sony Parkで開催。本日10月11日に行われた内覧会の模様をレポートする。

ゴーストバスターズ」は、超常現象を研究する科学者が幽霊退治専門の会社を立ち上げ、米ニューヨークにはびこる悪霊を退治していくSFコメディ。会場にはさまざまな企画や展示が用意された。

建物地下1階には、2016年公開のリブート版「ゴーストバスターズ」の撮影で使用されたユニフォームや、プロトンパックなどの小道具を並べたスペースが。また地下2階にある本企画のメインコンテンツ「ソニー・ピクチャーズ映画相関図」では、時代背景、シチュエーション、登場人物のキャラクターなど、「ゴーストバスターズ」との共通点を通して、ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントの95作品を立体展示にて紹介する。

「GHOSTBUSTERS ROOKIE TRAINING」と名付けられた地下3階の空間では、AR(拡張現実)を使って悪霊退治を体験できる実証実験も。こちらでは隊長と、トレーナー数名のレクチャーを受けながらゴーストバスターズの一員になることができる。現在600名ほどの一般モニターを公募中。詳細についてはGinza Sony Park公式サイトで確認しよう。同フロアには、ゴーストの顔が自分の顔と入れ替わってしまう鏡「Face Change Photo Booth」も設置。ゴーストと撮った画像をQRコードからダウンロードすることが可能だ。

さらに、本イベントの連携企画として、地上1階にあるコーヒーとワインを提供する店「ECRU. GINZA」では、石村萬盛堂とコラボレーションした特別メニュー「マシュマロラテ」の販売も。

なお「ゴーストバスターズ」最新作が、2020年夏に全米で公開される。

※記事初出時より、イベントの日程が変更となりました。

#011 GHOSTBUSTERS IN THE PARK

2019年10月14日(月・祝)~12月8日(日)東京都 Ginza Sony Park
開催時間 10:00~20:00
入場料:無料

映画ナタリーをフォロー