映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

山口智子が「監察医 朝顔」に出演、「ロンバケ」以来23年ぶりの月9

440

「監察医 朝顔」より、山口智子演じる夏目茶子。

「監察医 朝顔」より、山口智子演じる夏目茶子。

上野樹里が主演を務める“月9”枠ドラマ「監察医 朝顔」に、山口智子が出演することがわかった。

香川正仁が原作、木村直巳が作画、佐藤喜宣が監修を担当する同名マンガをドラマ化した本作。東日本大震災で母を亡くした過去を持つ新米法医学者・万木朝顔が、父であるベテラン刑事・万木平とともに死因不明の遺体の謎を解き明かしていくさまを描く。上野が朝顔、時任三郎が平を演じ、「フルーツ宅配便」の根本ノンジが脚本を手がける。

山口は朝顔が勤める興雲大学法医学教室の主任教授・夏目茶子役で出演。上野とは初共演となる。山口は茶子を「超個性的で強烈な存在感」と表現し、「太陽のように生命力の象徴のような茶子像を目指します」とコメントした。なお、山口が同枠に主演するのは、木村拓哉とダブル主演を務めた「ロングバケーション」以来23年ぶりとなり、「幼なじみに再会したような、正月に実家に帰ったような(笑)、ほっとする親近感を覚えます」と出演を喜んだ。

「監察医 朝顔」は7月8日21時よりフジテレビ系にて放送スタート。

監察医 朝顔

フジテレビ系 2019年7月8日(月)スタート 毎週月曜 21:00~

山口智子 コメント

本作の話を聞いたときの感想

お話をいただいて原作をすぐに読んだのですが、今も色あせない、時代を越えた面白さを感じました。“死”というものに対峙することで、“生きる”力を強く再燃させていく。死が生を照らし出すテーマは、死から目を背けがちな現代社会において、とても大事な発信だと改めて思いました。

本作が23年ぶりの月9ドラマ出演となることに関して

去年、木村拓哉さんと22年ぶりに共演させていただいたのですが、まるで2分くらいしか時が経っていないような感じで(笑)。「監察医 朝顔」と「ロングバケーション」はドラマのテイストは違いますが、“月9”という言葉には、離れていた時間を感じさせない、幼なじみに再会したような、正月に実家に帰ったような(笑)、ほっとする親近感を覚えます。

夏目茶子を演じていくにあたっての思い

原作の茶子は、一見キノコの妖怪のような風貌で(笑)、超個性的で強烈な存在感です。死というものに日々向き合っているからこそ、人の100倍濃密に生きようとするたくましさと、今この一瞬を輝かせようとするバイタリティーは圧倒的です。太陽のように生命力の象徴のような茶子像を目指します。原作のファンの方も初めてご覧になる方も、今の時代に生きる私たちの力で作る新たな物語を、ぜひ面白がっていただけたらと思います。

初共演となる上野との共演に向けての思い

これまでの作品を拝見して、自分の心に正直な芯の強さをお持ちの方だなと思っていました。教授として朝顔の成長を見守る茶子ですが、程よく突き放し野生動物のようにサバイバルさせる厳しさと、世界を旅してきた広い視野とユニークな発言で朝顔を導く優しさがあります。自分自身の人生を、責任を持って味わい謳歌して、若者たちを力強く先導してゆける先輩でありたいと思います。

視聴者へのメッセージ

このドラマでは、謎の死を遂げた人々の人生や、東日本大震災の悲劇にも、正面から向き合ってゆきます。背を向けず、忘れず、悲しみや心の傷をどう新しい一歩への力へと変えてゆくか。死から“生”を学ぶ感動の道を、みなさんとご一緒できたら嬉しいです。

金城綾香(プロデューサー)コメント

自由闊達(じゆうかったつ)、軽妙洒脱(けいみょうしゃだつ)。それはまさしく、私が原作を読んだ際の“茶子先生”のイメージであり、そして“山口智子さん”に勝手に抱いていたイメージでありました。茶子先生は、誰よりも生きることを楽しんでいる最高の女性です。主人公・朝顔が法医学者になるきっかけを作った人ですが、決して偉ぶることがなく、常に対等で、人と正面から敬意をもって向き合うことができます。まだ撮影には入っていませんが、“まさしく茶子先生!”と声が出そうになるくらいに丁寧にキャラクターを作り上げてくださっています。神出鬼没で、時にわがまま。でも、常に人を思って温かい。そんな魅力的な茶子先生を楽しみにしていてください。

映画ナタリーをフォロー