映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

復興させた村は600以上、二宮金次郎の生涯描く映画公開

111

二宮金次郎の生涯を描く「二宮金次郎」が6月1日より公開される。

600以上もの荒廃した村を、独自の方法で復興させた二宮。「地雷を踏んだらサヨウナラ」の五十嵐匠が監督を務めた本作では、合田雅吏が二宮を演じ、田中美里成田浬榎木孝明柳沢慎吾田中泯渡辺いっけい石丸謙二郎綿引勝彦、そしてお笑いコンビ・カミナリの竹内まなぶと石田たくみがキャストに名を連ねた。

合田は「私が金次郎を生きた時間はごくわずかな時間ですが濃密な時間でした。スタッフ、共演者そして金次郎先生と共に過ごしたこの濃密な世界を皆さんに観ていただけたら嬉しいです」と述べている。

「二宮金次郎」は東京・東京都写真美術館ホールほか全国で順次上映。なおYouTubeでは特報映像が公開中だ。

合田雅吏 コメント

「100年残る映画にしたい。しなくてはいけない」この作品のお話をいただき台本を読んでそう思いました。なぜか? 二宮金次郎という革命家の考え方や実施したことに驚き、衝撃を受けたからです。それは没後160年以上たっても全く色褪せない、むしろ現代の方が必要としていると思わせる内容でした。
この革命家の生きざまを一人でも多くの人に知ってほしい。それが、撮影を終えて今、思うことです。
土を愛した金次郎先生に少しでも近づけるようにと金次郎のそして自分の地元でもある小田原で田植えや稲刈りも経験しました。私が金次郎を生きた時間はごくわずかな時間ですが濃密な時間でした。スタッフ、共演者そして金次郎先生と共に過ごしたこの濃密な世界を皆さんに観ていただけたら嬉しいです。

(c)映画「二宮金次郎」製作委員会

映画ナタリーをフォロー