映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

福田雄一が「シャザム!」吹替版の監修&演出担当、杉田智和ナレーション映像も解禁

817

DCコミックを原作とするアクションコメディ「シャザム!」の特別映像がYouTubeにて解禁。このたび福田雄一が日本語吹替版の監修と演出を担当することがわかった。

「シャザム!」という魔法の言葉を唱えることで、6人の神々のスーパーパワーを発揮する悪ガキ・ビリーの冒険をコミカルに描いた本作。「ライト/オフ」「アナベル 死霊人形の誕生」といったホラー作品を手がけてきたデヴィッド・F・サンドバーグが監督を務めた。

杉田智和がナレーションを担当する映像には、シャザムと宿敵Dr.シヴァナの迫力のバトルなど、見どころ満載のシーンが詰め込まれている。最後にはシャザム役のザッカリー・レヴィ、変身前の少年ビリー役のアッシャー・エンジェル、ビリーの親友フレディ役のジャック・ディラン・グレイザーによるコメントも収められた。

配給のワーナー ブラザース ジャパンは、本作がコメディであることにちなみ、実写版「銀魂」シリーズやドラマ「今日から俺は!!」など、近年話題のコメディ作品を多数手がけている福田にオファー。また「福田監督自身が大のアメコミファンなのでアメコミ愛を注ぎ込んで、ファンの方々にも楽しんでいただける作品を作っていただけると確信しました」とその理由を述べている。

実際に作品を鑑賞して、オファーを快諾した福田は「猛烈なアメコミファンで、アメリカンギャグコメディが大好物! なところに! ワーナーさんから、こんなお話いただいたらやらないわけにはいきません! そして、この! 弱い者が強く変身して活躍するという王道がたまらない! しかも今回、子供ですからね! 子供! その変身の振れ幅がガチ大きいわけです! 興行的にも強敵ひしめくゴールデンウィーク! 笑って笑って笑ったあとにがっちり感動できますよ!」とコメントした。

さらにワーナー ブラザースは吹替声優の人選も福田のアイデアで選んだそうで「吹替版“アベンジャーズ”?!的に史上最大級に豪華なキャストを揃えることができました。吹替版をご覧になって『くだらねぇ~』って言っていただくことが最高の褒め言葉かと思っております(笑)。吹替版、字幕版で違う楽しみ方ができるはずなので、是非、両バージョンともにご期待いただけたらと思っております」と語っている。

「シャザム!」は4月19日より全国でロードショー。

(c)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

映画ナタリーをフォロー