映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「新幹線大爆破」「人間の証明」佐藤純彌が86歳で死去、西田敏行が追悼コメント

800

「桜田門外ノ変」撮影現場の佐藤純彌。

「桜田門外ノ変」撮影現場の佐藤純彌。

映画監督の佐藤純彌が多臓器不全による衰弱のため、都内の自宅で2月9日に86歳で死去していたことが明らかになった。遺族が東映を通して発表した。

関係者によると佐藤は約3年前に消化器系疾患の診断を受けたが、手術などの治療を拒み、普通の生活を続けることを選んだ。今年の1月19日には、東映東京撮影所OBで行われた恒例の麻雀大会に参加し、元気な姿を見せていたという。2月16日に通夜、本日17日に告別式が都内の斎場で親族のみで執り行われた。喪主は長男の佐藤東弥。

1932年11月6日生まれ、東京都出身の佐藤は、東映撮影所に助監督として入社し、1963年の監督デビュー作「陸軍残虐物語」でブルーリボン新人監督賞を受賞。“やくざ映画”を中心に監督生活をスタートさせ、68年には東映を退社しフリーに。1970年代後半には「新幹線大爆破」「君よ憤怒の河を渉れ」「人間の証明」「野性の証明」など話題作を連発した。

1988年に公開された中国との合作「敦煌」では、第12回日本アカデミー賞にて最優秀作品賞、最優秀監督賞などを獲得。そのほか監督作にモントリオール世界映画祭にてグランプリを獲得した三國連太郎の出演作「未完の対局」、本田博太郎が北京原人を演じた「北京原人 Who are you?」、太平洋戦争末期を生きた男たちの姿を描出した「男たちの大和/YAMATO」がある。遺作は2010年の「桜田門外ノ変」。刑事ドラマ「Gメン」シリーズなどテレビドラマの演出でも手腕を発揮し、監督生活55年目を迎えた2018年には「映画監督 佐藤純彌 映画(シネマ)よ憤怒の河を渉れ」を発売した。

「敦煌」「植村直己物語」で主演を務めた西田敏行は、訃報を受け「佐藤純彌監督が逝去されたと聞き、1985年に撮影した『植村直己物語』のことが思い出されました。ことに、北極での撮影ではスタッフ・キャストの命を守り、作品の成功に導かねばという、pressure(プレッシャー)と戦いながら、皆の前では穏やかな表情で監督指揮をしていた姿です。人望があり、学者肌の映画監督でした。ご冥福を祈ります」とコメントを寄せている。「桜田門外ノ変」に出演した大沢たかお、「敦煌」に出演した佐藤浩市のコメントは下記の通り。

大沢たかお コメント

突然の訃報を先ほど京都太秦の東映京都撮影所で聞きました。
佐藤監督とは映画「桜田門外ノ変」でご一緒させて頂き、
その時もここ東映京都撮影所での撮影でした。
現場で、佐藤監督から仕事への姿勢、情熱そして優しさ、
俳優として一生の指針となるような沢山の経験をさせて頂きました。
その時の教えが、今でも自分の作品への姿勢となっています。
これからもその教えに恥じないよう精一杯頑張りますと、
天国の佐藤監督に報告したいと思います。
佐藤監督、沢山の素晴らしい作品をありがとうございます。
そしてお疲れ様でした。心よりご冥福をお祈りいたします。

佐藤浩市 コメント

およそ30年前、当時の中国での半年間に及ぶ苦しい撮影の中、
佐藤純彌監督には色々教えていただきました。
親子でお世話になりました。

※記事初出時より大沢たかお、佐藤浩市のコメントを追加しました

映画ナタリーをフォロー