映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

東京ディズニーランド「美女と野獣」など新施設の名称決定、メイキング公開

269

アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」メイキング映像より。

アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」メイキング映像より。

2020年開業に向けて進められている千葉・東京ディズニーランドの新施設の名称が決定した。

この大規模開発は、東京ディズニーランドのファンタジーランド、トゥモローランド、トゥーンタウンにまたがる約4万7000平方mの場所に、大型アトラクションやレストランなどの新施設を約750億円かけて導入するもの。

ファンタジーランドには、映画「美女と野獣」をテーマとしたエリアが誕生。高さ約30mの「美女と野獣の城」の中に作られる大型アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」では、映画の楽曲に合わせて踊るように動くライドに乗り、映画のストーリーに沿って名シーンを巡ることができる。オフィシャルブログ「東京ディズニーリゾート・ブログ」では、この「美女と野獣“魔法のものがたり”」のメイキング映像を公開中だ。また同エリアには、商品店舗「ビレッジショップス」やレストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」もオープンする。

同じくファンタジーランドには、東京ディズニーランド初となる本格的な屋内シアター「ファンタジーランド・フォレストシアター」が開設。このステージでは音楽の世界を巡る旅をテーマに、オリジナルのライブパフォーマンスが繰り広げられる。

トゥモローランドには、映画「ベイマックス」をテーマとしたアトラクション「ベイマックスのハッピーライド」が登場。同アトラクションでは、ケア・ロボットが予測不能な動きでライドを引っ張っていく。さらに宇宙をテーマにしたポップコーン専門ショップ「ビッグポップ」もオープンする。

そしてトゥーンタウンには、東京ディズニーランドで初めてミニーマウスのグリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」が開設される。

(c)Disney

映画ナタリーをフォロー