映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

波瑠が「オズランド」公開喜ぶ、西島秀俊は“濱田マリの前腕がすごい”トーク

184

「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」の公開を記念した舞台挨拶の様子。

「オズランド 笑顔の魔法おしえます。」の公開を記念した舞台挨拶の様子。

オズランド 笑顔の魔法おしえます。」の公開を記念した舞台挨拶が本日10月27日に東京・TOHOシネマズ 日比谷で開催され、波瑠西島秀俊岡山天音深水元基濱田マリ、監督の波多野貴文が登壇した。

本作は、熊本に実際にある遊園地グリーンランドの全面協力のもと撮影されたヒューマンドラマ。超一流ホテルチェーンに就職したものの地方の遊園地に配属された主人公・波平久瑠美が、“魔法使い”と呼ばれる風変わりな上司・小塚慶彦らとともにトラブルを乗り越えていく様子が描かれる。

印象深いシーンを尋ねられると、波瑠は「決めるのが難しい!」としばし考えたあと「イルミネーションが点く瞬間は、完成した作品を観たときもすごくきれいで感動しましたね。波平の気持ちを思い出してゾクッとしました」と答える。アイドルをアトラクションに乗せるシーンを選んだ西島は「僕は光るペンを持っていてしょっちゅう光らせていたんですが、映像には全然映っていなくて」と笑い、波瑠から「ここぞとばかりに光らせていましたね!」と、深水からは「電池がなくなるから、ちょっともったいぶって使ったりしてね(笑)」と声をかけられていた。

同じ質問への回答に、ドッキリにかけられる場面を挙げた岡山は「遊園地の中をいろいろ回ったりして、印象的です。すごく暑くて」と話し、波瑠とともに「大変でしたねえ」としみじみ。一方ドッキリをかける側だった濱田は「これは撮影なんやでという緊張感と、めっちゃ楽しいやん!っていうワクワク感があって、ちょっと緊張感が負けてしまって」とつぶやいて共演者たちを笑わせた。また、撮影に関するエピソードトークが展開する中、西島が突然「濱田さんはボルダリングをやってて、前腕がすごいんです!」と話し出し、濱田から「ここで言うこと!?」とツッコまれる場面も。

最後に波瑠は「皆さんに観ていただける日がやっと来てうれしい気持ちでいっぱいです。この映画を観て、楽しく仕事がしたいなと思ってもらえたらうれしいです」と、西島は「この濃い登場人物たちにまた会いたいなと思ったときは、ぜひ劇場に足を運んでください」と観客に語りかけ、イベントを締めくくった。

(c)小森陽一/集英社 (c)2018 映画「オズランド」製作委員会

映画ナタリーをフォロー