クズ新人VSゲス上司、吉本実憂や波岡一喜の出演作「レディ in ホワイト」予告編

40

吉本実憂が主演を務める「レディ in ホワイト」の予告編がYouTubeで公開された。

「レディ in ホワイト」

「レディ in ホワイト」

大きなサイズで見る(全9件)

「レディ in ホワイト」

「レディ in ホワイト」

「レディ in ホワイト」は新卒1年目の“クズ新人”・如月彩花を中心に、保守的な会社の多様な社員たちを描く作品。吉本が如月に扮し、波岡一喜矢本悠馬久住小春吹越満らが出演している。

「レディ in ホワイト」

「レディ in ホワイト」

予告編は如月が「私を採用して損はないと思いますので」と面接官の前で宣言する場面からスタート。波岡演じる“ゲス上司”に昼飯を買ってくるよう命令されるも断るさまや、「私あんたの奴隷じゃないんで」と怒る様子が切り取られた。また小心者の“従属性毒社員”、投げっぱなしの“放置型毒社員”、実力主義の“高圧的毒社員”らが登場する。

「罪の余白」の大塚祐吉が監督を務めた「レディ in ホワイト」は、11月23日より東京のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場、愛知・ミッドランドスクエア シネマほか全国で順次ロードショー。

この記事の画像・動画(全9件)

リンク

関連する特集・インタビュー

関連記事

関連商品

(c)テレビ大阪サービス