映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ガガは“生涯の友人”、ブラッドリー・クーパーが「スター誕生」USプレミアで語る

134

アリー/ スター誕生」のUSプレミアが、米ロサンゼルスのシュライン・オーディトリアムにて開催され、主演のレディー・ガガと主演兼監督のブラッドリー・クーパーらが参加した。

音楽業界での成功を夢見るも自信を持てずにいたアリーが、世界的なミュージシャンのジャクソンに才能を見いだされ、挫折しながらもスターへの階段を駆け上がっていくさまを描いた本作。アリーが歌声を披露する重要なシーンの舞台にもなっている会場周辺には、開演前から約2000人ものファンとマスコミが詰めかけた。“ロックンロール”を意識したブラックカーペットに登場したクーパーと長いシルバーのドレス姿のガガは、丁寧にファンサービスを行う。

ブラックカーペットでのインタビューでガガは「今日この場にいることができて本当にうれしいわ」と喜びをあらわにし、自身が演じたアリーについて「私も高校生の頃、自分に自信がなくて、夢がとても大きかったから周りにいじめられたことがある。そこが似ているところね。その頃の自分を思い出して演じたわ」とコメント。また、「『僕を信じれば大丈夫』と言ってくれたブラッドリーの存在が本当に大きかった。心から信頼している」と語り、クーパーもガガを「生涯の友人を見つけた」「本当に素晴らしい人で、出会えて本当によかった」と絶賛した。

さらにクーパーは「初めてガガと会ったとき、彼女の家に行って一緒に歌ったんだ」と明かし、「今思うと、彼女の前で歌うなんてクレイジーなことだよね。でも、どうしてあんな勇気が突然出たのかというと、彼女と一緒にいるとあまりにも安心できたからなんだ」と笑顔で振り返った。

「アリー/ スター誕生」は12月21日より全国ロードショー。10月25日から開催される第31回東京国際映画祭のオープニング作品としても上映される。

(c)2018 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

映画ナタリーをフォロー