映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

脳障害を負った男のミニチュア人形が動き出す、ロバート・ゼメキス新作の海外版予告

92

ロバート・ゼメキスが監督、スティーヴ・カレルが主演を務める「Welcome to Marwen(原題)」の海外版予告がYouTubeで公開された。

本作でカレルが演じたのは、5人の男からリンチを受け脳に障害を負った実在の男性マーク・ホーガンキャンプ。ホーガンキャンプは退院後、自分や友人たち、そして自分を襲った男たちを模した人形を使い、第2次世界大戦時の村のミニチュアを自宅の庭に作って現実世界と向き合っていく。2010年にジェフ・マルムバーグが発表したドキュメンタリー「Marwencol(原題)」をベースにしている。

カレルのほか、レスリー・マンジャネール・モネイダイアン・クルーガーらが出演。予告編には、ミニチュア制作に入れ込むホーガンキャンプの姿や、彼の人形たちが生き生きと動き出す様子が切り取られている。

「Welcome to Marwen」は11月21日より全米で公開。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

映画ナタリーをフォロー