映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

幽霊屋敷に何が起きた?ヘレン・ミレン主演スリラーの劇中カット到着

68

「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」

「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」

ヘレン・ミレン主演のスリラー「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」の場面写真が到着した。

米カリフォルニア州に実在する幽霊屋敷・ウィンチェスターハウスが舞台の本作。屋敷の住人で、亡霊から逃れようと38年間絶え間なく増改築を続ける未亡人サラをミレン、サラの精神鑑定のため屋敷へ送り込まれた医師エリックを「エベレスト 3D」のジェイソン・クラークがそれぞれ演じた。監督は「ジグソウ:ソウ・レガシー」のマイケル・スピエリッグピーター・スピエリッグ

今回解禁された写真10点には、ベールを脱ぐサラや銃を手にしたエリック、そして屋敷で起こる事件に巻き込まれた人たちの姿を捉えたもの。なお、4月28日より販売されるムビチケの購入者には、3Dアーティストの永井秀幸が手がけた3Dカードがプレゼントされる。

「ウィンチェスターハウス アメリカで最も呪われた屋敷」は、初夏より東京・TOHOシネマズ シャンテほか全国で公開。

(c)2018 Winchester Film Holdings Pty Ltd, Eclipse Pictures, Inc., Screen Australia and Screen Queensland Pty Ltd. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー