映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「ダンまち」劇場版&TVアニメ第2期の製作決定、大森藤ノが脚本を書き下ろし

96

アニメ「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の劇場版とテレビシリーズ第2期の製作が決定した。

通称「ダンまち」こと「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」は、大森藤ノ原作、ヤスダスズヒトがイラストを担当するライトノベル。2015年にテレビアニメが、2017年には外伝にあたる「ソード・オラトリア」が放送され、コミックやゲーム商品も展開されている。劇中では、広大な地下迷宮“ダンジョン”を中心とした都市オラリオを舞台に、異性との出会いに憧れる冒険者ベルと女神ヘスティアの冒険が描かれる。

劇場版のタイトルは、「劇場版 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ーオリオンの矢ー」。大森が脚本を担当し、書き下ろしのオリジナルストーリーが展開する。テレビアニメ版と同じく、ベルの声を松岡禎丞が、ヘスティアの声を水瀬いのりが担当。劇場公開日は追って発表される。なお現在YouTubeにて特報PVの視聴が可能だ。

(c)大森藤ノ・SBクリエイティブ/劇場版ダンまち製作委員会

映画ナタリーをフォロー