映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

ビジネス書「伝え方が9割」が特撮ロボットドラマ化!?本日配信スタート

99

「77部署合体ロボ ダイキギョー ドラマ・伝え方が9割」

「77部署合体ロボ ダイキギョー ドラマ・伝え方が9割」

ビジネス書「伝え方が9割」を原作とする特撮ロボットドラマ「77部署合体ロボ ダイキギョー ドラマ・伝え方が9割」が、本日11月29日よりAmazonプライム・ビデオにて見放題独占配信されている。

巨大合体ロボット、ダイキギョーの“膝関節”パイロットとして働くサラリーマン・城戸泉司を主人公にした本作。勝地涼山下リオらがキャストに名を連ね、監督を三戸なつめのMVを手がけた藤井亮、脚本を「バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~」のふじきみつ彦が担当した。

主人公を演じた勝地は「配信ならではの、ゆるい作品になっていますので、気楽に見て楽しんでいただけたら、うれしいです」と、山下は「伝え方のテクニックを知らず知らずに、ゆる~く学びながら、ゆる~く口角が上がる作品になっていると思います!」とコメント。また藤井は「コックピット1つ作ったら予算が尽きることが判明するというまさかの展開。その他の数多くのまさかの展開だらけの中、全キャストとスタッフの努力と工夫と試行錯誤とヤケクソ感で無事に日の目を見ることができてホッとしています」と語った。

勝地涼 コメント

Amazonプライム・ビデオは、ドラマだけでなく、バラエティなども沢山あって、自分も視聴者として楽しんでいたので、その中のひとつのコンテンツとして、自分が主演を務めた作品をお届けできることを光栄に思います。「ダイキギョー」は配信ならではの、ゆるい作品になっていますので、気楽に見て楽しんでいただけたら、うれしいです。

山下リオ コメント

伝え方が9割。原作の本を読まれた方も読んでいない方も、ドラマとして楽しんで頂ければと思います。そして、伝え方のテクニックを知らず知らずに、ゆる~く学びながら、ゆる~く口角が上がる作品になっていると思います! ぜひ、楽しんでご覧ください!

藤井亮 コメント

“伝え方のコツを教えるビジネス書”の映像化なので、伝達がうまくいかないと困るとこってどこだろう?と色々なシチュエーションを考えました。その中で、合体巨大ロボットのパイロットという無茶苦茶な提案が通るというまさかの展開。その後、脚本のふじきみつ彦さんと話を考えていたところ、コックピット1つ作ったら予算が尽きることが判明するというまさかの展開。その他の数多くのまさかの展開だらけの中、全キャストとスタッフの努力と工夫と試行錯誤とヤケクソ感で無事に日の目を見ることができてホッとしています。深夜の空き時間にゆるい気持ちで観ていただけるとうれしいです。

映画ナタリーをフォロー