映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「マスタード・チョコレート」山田菜々、太田基裕の異常なパクチー愛にきょとん

454

「マスタード・チョコレート」初日舞台挨拶の様子。左から灯敦生、神永圭佑、太田基裕、山田菜々、染谷俊之、池田恵理、笹木彰人。

「マスタード・チョコレート」初日舞台挨拶の様子。左から灯敦生、神永圭佑、太田基裕、山田菜々、染谷俊之、池田恵理、笹木彰人。

マスタード・チョコレート」の初日舞台挨拶が本日4月29日に東京・シネマート新宿で行われ、キャストの山田菜々太田基裕染谷俊之神永圭佑灯敦生池田恵理、監督の笹木彰人が登壇した。

山田が主演を務める「マスタード・チョコレート」は、冬川智子の同名Webマンガをもとにした青春劇。美大を目指す高校3年生の津組倫子が、友情や恋愛をきっかけに成長していくさまが描かれる。

無事に公開初日を迎えることができて感無量だと言う山田は「今日ここに来るまで不安だったんですけど、ドッキリじゃないことがわかってうれしいです」と冗談交じりに挨拶。また山田が黒髪のカツラを着用して臨んだ撮影について「あんなに短い髪の毛にしたことがなくて。男の人ってこんな感じなのかなと思いました」と振り返ると、神永は「どっちが地毛かわからないくらいハマってました」と当時の印象を語った。

美術予備校の講師・矢口に扮した太田は「舞台ではアクの強いキャラクターを演じることが多いので、自然体な今回の役は難しかったです」と述懐。染谷が「こんなイケメンでさわやかな先生いたらいいですよね。皆さんそう思っていますよ」とニヤリとすると、太田は「本当かよ! 怖いわー」と照れながらツッコミを入れる。続けて染谷は自身が演じた予備校生・浅野について「世捨て人と言われてるんです」と話し、「僕も実際そういう部分があって、この前初めてBluetoothを知りました」と私生活のエピソードを披露。すると太田が「僕はBluetooth大好きだから。今度いろいろ教えるね」と述べ、2人は笑い合った。

「マスタード・チョコレート」というタイトルにちなみ、イベントでは登壇者たちへ好きなものの組み合わせに関する質問が。山田は「はな×はな」と書かれたフリップを見せながら、「これは植物の花と人間の鼻のことです」と説明。意味を問われると「好きってわけではなくて、ダジャレにしてみました」と意表を突く返答をし、観客の笑いを誘う。続いて太田が「パクチー餃子がめちゃめちゃおいしくて。最近一番興奮しました」と自らの“パクチー愛”を熱弁。山田がきょとんとした表情を浮かべていると、太田は「引かれていますね」とはにかむ。

そして山田は「大切に撮影させていただきました。皆さんの心に残る作品になったらうれしいです」と集まったファンにメッセージを送り、イベントを締めくくった。

(c)映画「マスタード・チョコレート」製作委員会

映画ナタリーをフォロー