映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

廣瀬智紀が主演作の公開初日にカッコよく鞭振るうコツ語る

508

「探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。」初日舞台挨拶の様子。

「探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。」初日舞台挨拶の様子。

本日3月4日、「探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。」の初日舞台挨拶が東京のユナイテッド・シネマ豊洲で行われ、キャストの廣瀬智紀青木玄徳岸明日香田島令子、監督の櫻井信太郎が出席した。

「探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。」は、ある探偵事務所の2代目所長・紅伊玲二が、「父親を探してほしい」という少年の依頼を引き受けたことをきっかけに、思わぬ事件に巻き込まれていくさまを描いた作品だ。

「ブルウィップ」と呼ばれる鞭を武器として使う玲二を演じた廣瀬。「うまく扱えるかどうか不安でしたね。撮影の空き時間は、駐車場で練習していました」と当時を振り返ると、青木は「面白かったですよ。駐車場で1人鞭振るっているのを見るのは」と楽しげに話す。続けて、カッコよく振るうコツを聞かれた廣瀬は「『僕は今変じゃない! カッコいい!』と思ってやるだけです。そういう気持ちが大事でしょ?」と呼びかけ、観客の笑いを誘う。

玲二の相棒・藍彰二に扮した青木は「廣瀬さんはまったく憎めない性格なんですよ。一緒にお芝居をするのが楽しかったです」と述懐。MCから「名コンビですね」と褒められると、「本当ですか? “迷コンビ”って意味じゃないですよね?」とおどけてみせた。

また岸は、自身が劇中で身に付けた衣装について「今日のような衣装を着ることが多いので、レトロチックな服は新鮮でした」と笑顔を見せる。そして「玲二たちを温かく見守る探偵事務所のオーナー役」と紹介された田島が「あまり温かく見守っておりませんでした」と冗談交じりに述べると、岸が「撮影の休憩中に話すことがあったんですけど、田島さんはめちゃめちゃお茶目で面白い方なんです」と明かす。田島は「ありがとうござんす」と独特な返答をして場をにぎわせていた。

イベント終盤には、「探偵は、今夜も憂鬱な夢を見る。」というタイトルにちなみ、今まで見た中でもっとも印象的な夢を問われた登壇者たち。青木は「白い柵を飛び越えようとしたら拳銃で2発撃たれた夢」、田島は「ベランダに現れた円盤が突然白い竜に変化し部屋に入ってきた夢」を詳しく説明し、会場を盛り上げる。

最後に廣瀬は「こんなに大きな会場で舞台挨拶ができるとは正直思っていませんでした。今すごく幸せです。自分で言うのはおこがましいですが、この作品が探偵映画の金字塔になればうれしいです」と力強く語った。

(c)2017「探偵」製作委員会

映画ナタリーをフォロー