ゾンビ映画「マギー」、シュワルツェネッガーと血まみれ少女のオフショット公開

132

アーノルド・シュワルツェネッガーがプロデュースと主演を務めたゾンビ映画「マギー」。本作のオフショット写真が公開された。

「マギー」オフショット (c)2014 Maggie Holdings, LLC. All Rights Reserved.

「マギー」オフショット (c)2014 Maggie Holdings, LLC. All Rights Reserved.

大きなサイズで見る(全11件)

「マギー」は、人をゾンビ化させるウイルスが蔓延する近未来のアメリカを舞台にした作品。ウイルスに感染し苦しむ娘マギーを前に、彼女を守るべきか殺すべきか苦悩する父親ウェイドの姿を描く。ウェイドをシュワルツェネッガー、マギーを「リトル・ミス・サンシャイン」「ゾンビランド」のアビゲイル・ブレスリンがそれぞれ演じた。

このたび公開された写真は、斧を手にしたシュワルツェネッガーと、口元から首にかけて血にまみれたブレスリンが並んで立っているもの。なおシュワルツェネッガーは、本作について「アクション映画なら世界を救うこともできるが、『マギー』ではゾンビ化していく娘に対して、何もできない。この無償の愛を描いた作品は新しいゾンビ映画であると同時に、自分にとって大きなチャレンジだったが、ぜひやってみたいと思ったんだ」とコメントを寄せている。

「マギー」は、2月6日より東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で順次公開される。

この記事の画像・動画(全11件)

関連記事

アーノルド・シュワルツェネッガーのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 マギー / アーノルド・シュワルツェネッガー / アビゲイル・ブレスリン の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。