黒部の太陽

クロベノタイヨウ

上映時間:190分 / 製作:1968年(日本) / 配給:三船プロダクション=石原プロモーション

解説 黒部川上流に第4発電所を建設するべく、関西電力は社運をかけてダム建設に取り組むことになった。現場責任者の北川の熱意に負けて、父親に代わってトンネル掘りの指揮をとることになった設計技師の岩岡だったが、増える一方の犠牲者と度重なる事故に頭を抱える毎日。それでも北川共々、難所を突破すべく、技術と努力の限りを尽くすのだった……。石原裕次郎が設計技師に扮した骨太な人間ドラマ。黒四ダムの完成に尽力した人々の姿を、社会派の熊井啓が見事に描ききった。現場責任者を演じた三船敏郎の存在感も素晴らしい秀作だが、石原の遺志により現在までビデオ化に至っていない。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:熊井啓

キャスト

三船敏郎
岩岡(第三工区・熊谷組岩岡班):石原裕次郎
滝沢修
芦原(関西電力株式会社・常務取締役):志村喬
辰巳柳太郎
森(第四工区佐藤工業社員):宇野重吉
小田切(第四工区佐藤工業・工事課長):二谷英明
黒崎(黒四建設事務所・建設部部長):芦田伸介
平田(関西電力株式会社・黒四建設事務所・所長):佐野周二