世界の中心で、愛をさけぶ

世界の中心で、愛をさけぶ

セカイノチュウシンデアイヲサケブ

2004年5月8日(土)公開 / 上映時間:138分 / 製作:2004年(日本) / 配給:東宝=「世界の中心で、愛をさけぶ」製作委員会

(C)2004 東宝/TBS/博報堂DYメディアパートナーズ/小学館/S・D・P/MBS

解説 『きょうのできごと…』の行定勲監督が同名ベストセラー小説の映画化に挑んだ意欲作。“その 後”の主人公が狂言回しになるという映画独自の構成がとられており、現在から見つめ直された過去という距離感が、切々とした情感を醸し出す。TV『ウォーターボーイズ』で注目された森山未來と『ロボコン』の長澤まさみが体現した悲恋は、号泣必至!

ストーリー 結婚を控えた朔太郎だが、ある日、婚約者の律子が失踪した。行き先が四国だと分かった朔太郎は、自分の故郷でもある四国へ向かう。そこには、初恋の亜紀との思い出が詰まっていて、朔太郎は蘇った記憶に引きずられていく。

情報提供:ぴあ

スタッフ

監督:行定勲

キャスト

松本朔太郎:大沢たかお
藤村律子:柴咲コウ
広瀬亜紀:長澤まさみ
サク・高校時代の朔太郎:森山未來
重蔵:山崎努
朔太郎の上司:天海祐希
亜紀の父:杉本哲太
大木龍之介:宮藤官九郎
ジョニー:津田寛治
映画監督:近藤芳正

朔太郎の母:木内みどり
少女・律子の母:田中美里

世界の中心で、愛をさけぶの画像