ビリー・ボブ・ソーントン

ビリーボブソーントン

ミュージシャンとして活動していたが、1983年にLAに移り、役者を志す。TVや映画の端役を経て、主演、初脚本の「運命の引き金」(1991)で評価を獲得。1996年に監督、脚本、主演をこなした「スリング・ブレイド」でアカデミー脚本賞を受賞。女優のアンジェリーナ・ジョリーと結婚している。