リチャード・ブルックス

リチャードブルックス

戦後、作家としていくつかの作品を発表するが、1950年監督に転身。「暴力教室」(1955)によって第一線に進出後、多くの文芸作品を手がける。