スーザン・サランドン

スーザンサランドン

大学で演劇を学んだのち、ニューヨークでモデルに。1970年に映画デビューし、以後、幅広い演技を見せている。「さよならゲーム」(1988)で共演したティム・ロビンスと同棲。また、ティム・ロビンス監督による「デッドマン・ウォーキング」(1995)でアカデミー主演女優賞に輝いた。