コミックナタリー - マンガのニュースを毎日発信

「セラミュ」イベント、セーラー戦士5人が劇中歌を披露

161

武内直子「美少女戦士セーラームーン」を原作としたミュージカル「美少女戦士セーラームーン-La Reconquista-」のイベントが、本日8月23日にさいたまスーパーアリーナけやきひろば内特設ステージにて開催された。

定刻になるとセーラー戦士5人の会話と「メイクアップ!」の決めセリフが流れ、セーラームーン役の大久保聡美、セーラーマーキュリー役の松浦雅、セーラーマーズ役の七木奏音、セーラージュピター役の高橋ユウ、セーラーヴィーナス役の坂田しおりがステージに上がる。まず5人は各戦士の自己紹介も兼ねた劇中歌「そろい踏み!白月五人女」を、振り付きで披露。セーラームーン、マーズ、ジュピター、ヴィーナスが順番にソロパートを歌唱していく。

セーラーマーキュリーのみソロパートがないこの楽曲。ほかの4人が「亜美ちゃん、なんで歌わないの!?」と口々に質問すると、マーキュリー役の松浦は3択クイズを出題。「1、かわいい私にみんなが嫉妬したから。2、決めセリフがなかったから。3、敵に攻撃を受けていて歌えなかったから。正解は劇場に見に来て下さい!」と締めくくった。

5人が揃って衣装を着用して人前で歌唱するのは、このステージが初めて。緊張した面持ちで初ステージを迎えた5人は、客席からの温かい拍手と歓声に喜びをあらわにしていた。またキャストはすべて女性というのも、このミュージカルの特徴のひとつ。女性だけの現場について「(タキシード仮面役の)大和悠河さんが(カッコよくて)ヤバイ!」「私はジェダイト役のルウトさんが好き!」とそれぞれ興奮気味に声を荒げた。

そして目下稽古中だという劇中歌「We are the pretty guardian」を、5人で歌唱し、それぞれミュージカルへの意気込みを語る。「こんなにたくさんの方にきてくれてうれしいです」(坂田)、「これだけの人に来ていただいて、改めてセーラームーンという作品が愛されているか実感しました」(高橋)、「出演する私も心からワクワクしています」(七木)、「今日は雨で滑ったりもしたので、本番はもっと完璧なステージを見せられると思います」(松浦)、「もっともっとバージョンアップしたものを見せられたらいいと思うので、一生懸命稽古をがんばります」(大久保)とひとりずつ挨拶。最後に大久保が「見に来てくれないと、月にかわっておしおきよ!」と決めポーズを披露し、ステージを後にした。

※本文中の曲名は変更になる場合あり。

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン -La Reconquista-」

期間:2013年9月13日(金)~23日(月・祝)※9月17日は休演日
会場:AiiA Theater Tokyo

チケット料金:6800円(前売・当日共/全席指定・税込)
チケット一般発売:発売中
チケットに関する問い合わせ:ちけっとぽーと 03-5561-9001(平日10:00~18:00)
公演に関する問い合わせ:ネルケプランニング 03-3715-5624(平日11:00~18:00)

主催:ネルケプランニング、ドワンゴ、講談社
原作:武内直子(講談社刊)
脚本・演出:平光琢也
音楽:佐橋俊彦
出演:大久保聡美、松浦雅、七木奏音、高橋ユウ、坂田しおり、彩夏涼、小松美咲、コロ、ルウト、初風緑、新谷真弓、ジェイミー夏樹、大和悠河ほか

コミックナタリーをフォロー